FC2ブログ

阪急 1600系電車。 航星日誌 地球暦 20200930

2020.09.30.Wed.11:00
むーん、
今月の締めがこれで良いのか、自ら疑問を持つが、

アップ用に準備していたのでこのまま進行。

阪急京都線専用車両。



続きを読む "阪急 1600系電車。 航星日誌 地球暦 20200930"
スポンサーサイト



最古参、B806Nと最新鋭、MS615-Sのこと。 航星日誌 地球暦 20200929

2020.09.29.Tue.11:00
前提条件として、

B806NとMS615-Sとはいずれも三菱自動車工業製のふそうバスの型式だ。
全く型式のつけ方が違うだろう?

それだけ、世代が違う車種なのだよ。

N9210266_D.jpg

見るからに違う。
続きを読む "最古参、B806Nと最新鋭、MS615-Sのこと。 航星日誌 地球暦 20200929"

阪急電鉄 西宮北口駅の思い出。 航星日誌 地球暦 20200928

2020.09.28.Mon.11:00
昨日も撮りに出掛けようかと思ったが出られなかった。

で、
この航星日誌用に既に「公開するつもり」でデジタイズ・モノポジ反転・WBの調整を行い、リサイズも行った写真が沢山準備されていることに気付いた。
これらを早く使わないと、もぉ訳の解らんことになるので少し整理を行った。

まず初めに、
昔の阪急電鉄(当時はまだ、京阪神急行電鉄:略称が阪急と呼ばれていたのではないかと思われる)西宮北口駅。

「ニシキタ」と言えば、直角のダイヤモンドクロス。

N9220001_D.jpg


直角の平面交差。
改修された今では、西宮ガーデンズと、阪急京都線の正雀車庫。
あと市営地下鉄北神線谷上の小さな車庫。
ここらあたりに移設・保存されていたと思う。
それ位貴重で珍しい鉄道技術だったのだな。
続きを読む "阪急電鉄 西宮北口駅の思い出。 航星日誌 地球暦 20200928"

早くも3度目の登場。EF58形電気機関車。 航星日誌 地球暦 20200927

2020.09.27.Sun.11:00
休日や通学途中、鉄道撮影が増えた大学生活。

当時からもうその淘汰が噂されていたEF58形電気機関車の撮影には力を入れていたようだ。

N9220086_D.jpg

45号機。
後方から煙のようなものを噴き上げているだろう。
続きを読む "早くも3度目の登場。EF58形電気機関車。 航星日誌 地球暦 20200927"

昔は阪急も「看板」だった。 航星日誌 地球暦 20200925

2020.09.25.Fri.11:00
連休中は先に記録のとおり、おこもりさんでデジタイズに必死だったので今日もそこから。

通学に阪急梅田駅(現「大阪梅田」駅)を経由していたので、勢い阪急の写真ばかりになる。
「おけいはん:京阪電鉄」も使ってはいたが今のところ、デジタイズ対象として姿を殆ど見せていない。

で、
今でこそ「方向幕:行き先表示」や「列車種別表示」は、かつての「幕:フィルム」からLEDに変更されつつあるのが当たり前だが、今から40年ほど前の関西私鉄では「看板」を掲出しているのが当たり前だった。

N9210063_D.jpg

フィルムの頃から適切な露出を得るのが難しかったらしい梅田駅。
奥の同じく宝塚線と思われる(根拠はある)の5100系はそこそこの色が出ているのでこれで良しとする。
(いや、これでいいのか?)
続きを読む "昔は阪急も「看板」だった。 航星日誌 地球暦 20200925"

もちろんバスもある。 航星日誌 地球暦 20200924

2020.09.24.Thu.11:00
大学に進み、当初はクラブ活動もしてみたのだが実は通学に2時間ほど掛かっていたので、
しかも母校は当時全国でも珍しく「週休二日制」を導入し始めたところだったので、授業の終了が19時頃。
すると部活終了は20時半ごろとなり、帰宅時刻は大変なことになる。

それにこれだと「機材の充実と旅費の捻出」を目的とするところのアルバイトが全くできなくなるので部活は1年を待たずに秋には撤退。
それで佳かった。

いよいよ、本格的にアルバイトをしてやろうかと考え始めていた夏ごろの写真。

N9200262_D.jpg

遂に姿を見せ始めた観光バス。
続きを読む "もちろんバスもある。 航星日誌 地球暦 20200924"

デジタイズ、面白いのが出て来始めたぞ。 航星日誌 地球暦 20200922

2020.09.22.Tue.11:00
いよいよ大学での部活動も止めてしまい、アルバイトとそこから発生する資金をもとに本格的に写真撮影を趣味として楽しみ始めた。

もちろん、鉄旅もその範囲に含まれる。


N9210270_D.jpg

急行「比叡:大阪-名古屋間」に乗りに行ったときに米原で出会った「EF58形電気機関車」。
やっぱり色の再現が難しいが、後方に見える12系・50系客車辺りの発色を基にすると、そんなに外れてはいないのだろうな。
続きを読む "デジタイズ、面白いのが出て来始めたぞ。 航星日誌 地球暦 20200922"

私の写真事始め、鉄道写真を撮り始めた。 航星日誌 地球暦 20200921

2020.09.21.Mon.11:00
昨日はまた早朝に覚醒。
4時ごろ。

午前中は自らが使い物にならず、午後からデジタイズに着手。

いよいよ、鉄道車両が多くなってきたが、未だ基本は「高校生生活」。

そんな中で、

N9200188-D.jpg

踏切名称に「清正」とあるので調べてみたが解らない。
須磨区内と思われるが。

続きを読む "私の写真事始め、鉄道写真を撮り始めた。 航星日誌 地球暦 20200921"

漁師さんの写真を撮らせて貰っていた。 航星日誌 地球暦 20200917

2020.09.17.Thu.11:00
数日続いた、デジタイズした鉄道写真に共通するのは、

カメラ:OM-1N
レンズ:50mm 1.8
場 所:国鉄須磨駅
    列車線:乗降用ホームのある線路を通らない、山陽本線兵庫~西明石に至る線路。

従弟と一緒に出掛けた。

そんな須磨はまだ漁師がいて、少し写真を撮らせて貰っていた。

N9130061_D_20200916213523129.jpg

続きを読む "漁師さんの写真を撮らせて貰っていた。 航星日誌 地球暦 20200917"

こんな列車があったな。 航星日誌 地球暦 20200916

2020.09.16.Wed.11:00
デジタイズしたものの中から。

古い写真の中には、単に車両が古いだけではなく、列車そのものがもう存在しないものが発掘された。

例えば、

N9130048_D.jpg

続きを読む "こんな列車があったな。 航星日誌 地球暦 20200916"

「みかんの箱」を開けてみた。 航星日誌 地球暦 20200915

2020.09.15.Tue.11:00
デジタイズを進めていく中で、高校を卒業したばかりのはずなのに、いきなり大学2回生のが次にスタンバイしているやらで、再度ネガの(ポジはこの際無視)手持ちでデジタイズ未完了のものを確認してみると、

出るわ出るわ!

数えていないが、かなりの数が、それも探していたモノクロが沢山発掘された。

N913046_D.jpg

EF65-1100(PF型)+ 24系25型(又は14系15型)による寝台特急列車。
続きを読む "「みかんの箱」を開けてみた。 航星日誌 地球暦 20200915"

ありゃ? 数がおかしい。 航星日誌 地球暦 20200910

2020.09.10.Thu.11:00
昨日は年に数回ある平日の休日。
休日と言っても当番は出勤するのだが、昨日の私は休み。
終日司令部で少しゆっくりできた。

さておき、
20200907の記録で、


艦:さて、この先大学生活での撮影遺産に手を着けるが、


と記録している。
つまり、高校生活での写真(ネガ)のデジタイズは完了したかと思われるような書きっぷりだったのだが、


N0906001反転

事実、後輩に頼んで撮ってもらった卒業証書授与式の写真のデジタイズも完了している。

続きを読む "ありゃ? 数がおかしい。 航星日誌 地球暦 20200910"

1981年の初日の出。 航星日誌 地球暦 20200907

2020.09.07.Mon.11:00
昨日で、高校を卒業するまでの「ネガ」については一応終了した(と、思われる)デジタイズ作業。

1981年元日。
当時の写友数人で、当時は何も無かった神戸港。
中突堤(ポートタワーのある突堤)へ、初日の出を撮りに行ったようだ。

N0906001_38_D.jpg

続きを読む "1981年の初日の出。 航星日誌 地球暦 20200907"

地道に続けています。デジタイズ。 航星日誌 地球暦 20200906

2020.09.06.Sun.11:00
地道で地味で、時間は掛かるし疲れるし。

デジタイズ作業は本当に手間がかかるのだが、

P9060332.jpg

続きを読む "地道に続けています。デジタイズ。 航星日誌 地球暦 20200906"

少し出掛けてみよう。 航星日誌 地球暦 20181007

2018.10.07.Sun.11:00
カテゴリーに「健康」と据えながら、

3連休。
思いのほか疲れがたまっている。
明日開催される「艦隊合同演習」にも早々に欠席回答をしているくらいだ。

そんな中、おとといカメラの夢を見た。

PA070059.jpg

初代旗艦:OM-1N

続きを読む "少し出掛けてみよう。 航星日誌 地球暦 20181007"