カテゴリー「本」が久しく出ていないな。 航星日誌 補足20140317

2014.03.17.Mon.15:00
カテゴリーがまだ一桁しかないものがいくつかあって、その中に「本」がある。

本を読んでいない様で恥ずかしいな。

続きを読む "カテゴリー「本」が久しく出ていないな。 航星日誌 補足20140317"
スポンサーサイト

で、また本。

2011.09.13.Tue.18:00
「よそさんは 京都のことを ・・・」を楽しく読ませて頂きました。

調べてみると、著者:山中恵美子氏が副館長を務められる「京・町家文化館」は、2005年10月に開設されたようですが、現在は「見学会をしばらくの間 お休みさせていただきます」とありました。

HP上の写真が表示されないのは、私のPCのせいか、先方のせいか判りませんが、お休みと合わせて残念です。

さて、
本題の「遠野物語」に入りました。

続きを読む "で、また本。"

読み終えました。

2011.09.12.Mon.18:00
例の「よそさんは 京都の事を 勘違いしたはる」

今回の帰省道中、往復の車内で全部読み終えました。

続きを読む "読み終えました。"

勘違いはいけまへん。

2011.09.08.Thu.18:00
先日、「遠野物語」を借りに図書館に行って来ました。

勿論、それは「口語訳版」がありましたので借りる事ができました。

同じ「風俗」に分類される棚に面白い本がありましたので、思わず手が伸びました。

続きを読む "勘違いはいけまへん。"

家でまったり。

2011.05.29.Sun.10:06
昨日、この台風に備えて食料品を買い込んできました。
今日と明日は買い物に行かなくても大丈夫です。

続きを読む "家でまったり。"

49種類。

2011.05.13.Fri.19:28

久しぶりの「本」の話題。

先ほど神戸に戻って来ました。
で、明日でもいいけど早めに「主治医」

順番がまだまだ10人以上あったので本屋に行って例の「砂の器:松本清張」を探しましたがありません。

代わりに目についたのがコレ。

「水木しげるの日本妖怪紀行:新潮文庫」。

49種類の妖怪が氏のイラスト入りで紹介されています。

全国津々浦々の妖怪話。
時間つぶしにはもってこいです。


借りてきました。

2010.05.15.Sat.01:00
中央図書館に行ってきました。

目的は次男に読ませるための「釣りに関する入門本」を借りるため。

中学校で行われる「職業体験」で釣具屋さんに行くようなのです。
なので、ちょっと知識を。とは親バカな話でお恥ずかしい限りですが。

本当は「接客業の心得本」の方がいいのでしょうが、まぁまぁで(笑)

他の本も見て回っているとこんなのを見つけました。

P5106680.jpg

なんとも笑ってしまう書籍名ですが、私も「お花見」が好きですからついつい借りてしまいました。

中味は結構神話や、古代史に関係している模様で内容が難しくてなかなか読み進めません。

頑張ってその心髄に触れてみたいと思います。

借りた本

2009.12.07.Mon.09:50
大倉山の中央図書館で借りた本。

それは、「いとしこいし 漫才の世界」

PC064140.jpg


以前館内で少し読んだのですが、後半は「ネタ」ですから読み進める毎に「肩がガクガク震えてくる」
回りは静かに読書やお勉強をされているのでこれではいけません。

大声で笑いながら読みたい。

お二人の生い立ちから、「夢路いとし 喜味こいし」誕生、その後のご苦労話等々
私のような「いとこいファン」にとっては何よりの一冊です。

原作本を読んでみる

2009.11.23.Mon.17:51
今日は、おととい行って来た観劇:大阪放送劇団による、「清水邦夫原作 「エレジー 父の夢は舞う」の原作本が神戸市立中央図書館にあることが判り、それを借りに行ってきました。

PB230002.jpg

左が芝居のパンフレット、右がその原作本です。

芝居と言う「感覚で受け止めた世界」と、本と言う媒体で「視覚を通して感じる世界」との違いが楽しみです。