FC2ブログ

突撃艦:TG-3、へろへろ。 航星日誌 地球暦 20190423

2019.04.23.Tue.11:00
昨日帰還途中、夕暮れの光がきれいだったのでカバンにいつも忍ばせている突撃艦:TG-3を取り出した。

ところが、電源を入れた途端に「カラータイマー」が赤点滅(背面ディスプレイ上にある)。


P4220001.jpg


TG-3:もう電池がありまへーん!

続きを読む "突撃艦:TG-3、へろへろ。 航星日誌 地球暦 20190423"
スポンサーサイト

先週土曜日のお供。 航星日誌 地球暦 20190416

2019.04.16.Tue.11:00
土曜日の出撃時の機材は、
旗艦:E-M1 から急きょ変更したことはFacebookに少し書き留めたが、

なら、突撃艦:TG-3の他に「ダレ」を連れて行ったかと言うと、
数えること我が艦隊では「デジタル化直前」まで旗艦として運用していた、
フィルムカメラの中では最も新しい(とは言っても既に26年近く経っているが)、

P4140001_2019041418261147d.jpg

OM-4 Ti

レンズは24mm f:2.8

続きを読む "先週土曜日のお供。 航星日誌 地球暦 20190416"

「手持ち4秒露光可能」は本当だった。 航星日誌 地球暦 20190327

2019.03.27.Wed.11:00
オリンパスでは、新フラグシップ:E-M1Xは、世界最強クラスの手ぶれ補正機能により、


オ:手持ちで4秒(1/4秒では無い!)での露光でも「手ブレ」を抑制させます。


と、言い切っている。


但し、一部のレンズとの組み合わせ時なのだが、それでもちょっと常識外の性能。

P3230106.jpg

それを先週末受講してきた、実機を使ったセミナーで体験してきた。

別機能、ボディ内蔵NDフィルターに関する説明時に撮影。

続きを読む "「手持ち4秒露光可能」は本当だった。 航星日誌 地球暦 20190327"

思っていたより、遥かにいいぞ。E-M1X。航星日誌 地球暦 20190223

2019.02.23.Sat.11:00
昨日、帰還途中、
普段お世話になっている「カメラのカツミ堂@元町」に寄ってみた。

目的は、もちろん昨日発売のオリ新フラグシップ、E-M1Xを触って見るため。



続きを読む "思っていたより、遥かにいいぞ。E-M1X。航星日誌 地球暦 20190223"

遂にやって来たな、E-M1X発売日。 航星日誌 地球暦 20190222

2019.02.22.Fri.11:00
諸事情により昨日までに予約は完了していない。

発表から1か月弱。
遂にこの日を迎えたが、まだ手を打っていない。

Olympus-E-M1X.jpg

続きを読む "遂にやって来たな、E-M1X発売日。 航星日誌 地球暦 20190222"

チョン、ちょん、チョンと直してみたら、まぁ使える。 航星日誌 地球暦 20190220

2019.02.21.Thu.11:00
20190204 記録の、「信じられんが、また分解」>>> 第4793話へのリンク で分解を報告した、
M.ZUIKO 40-150mm f:2.8 PROレンズ専用フードのこと。

カタログ(印刷物)上の定価:7,000円。
簡単に買えるものではない。
かと言って、このまま「フード無し生活」を送れるものでもない。

40150.jpg

万が一、直接レンズ先端部に何かが衝突することを想像すると、そのダメージは想像したくない。

続きを読む "チョン、ちょん、チョンと直してみたら、まぁ使える。 航星日誌 地球暦 20190220"

むぅ、ジワリ。E-M1X。 航星日誌 地球暦 20190215

2019.02.15.Fri.11:00
P2140011.jpg


このロゴ。

続きを読む "むぅ、ジワリ。E-M1X。 航星日誌 地球暦 20190215"

信じられんが、また分解。 航星日誌 地球暦 20190204

2019.02.04.Mon.11:00
タイトルに「分解」と書き、カテゴリーには「カメラ」と据えるともおお解りだろう。



続きを読む "信じられんが、また分解。 航星日誌 地球暦 20190204"

試してみたい「E-M1X :121点 オールクロス像面位相差AF」。 航星日誌 地球暦 20190201

2019.02.01.Fri.11:00
去る20190125(JST)記録の、「ホンマに発表したな。凄いぞOM-D E-M1X」>>> 第4783話へのリンク で記録した、追従合焦性能の高さ(121点 オールクロス像面位相差AF)の実力を本当に試してみたい。

と、絶妙のタイミングで実感した一昨日。

デリカの車検入庫のため、西日本三菱自販:新大阪店へ。

そこでのいつもの楽しみは「帰りに京橋に寄る、いや、能動的に行く」事なのだが、昨日は少しそれを見送り、
三国駅で阪急宝塚線の撮影を安全第一で実行してきた。

同駅は普通列車(各駅停車)しか停まらないので、日中ダイヤでの唯一の優等列車:急行の通過を撮れる。
なので、AFモードを「C-AF(TR):追尾AF」に、AFロックを「弱」に設定して臨んだ。

E1300027.jpg

通過する7000系急行。
神戸線と違い、6000系や更に古い5100系も含め「ほぼ未改造:原形をとどめていること」は喜ばしい。
外観だけでも、
1)ヘッドライト・列車種別標識灯・尾灯が「電球」のまま。(LEDに換装されていない)
2)クーラーキセ:屋根上の冷房装置カバーが原形。
3)行き先・列車種別の表示が「幕」のまま。(LEDに換装されていない)
 等々

さておき、

続きを読む "試してみたい「E-M1X :121点 オールクロス像面位相差AF」。 航星日誌 地球暦 20190201"

ホンマに発表したな。 凄いぞOM-D E-M1X 。 航星日誌 地球暦 20190125

2019.01.25.Fri.11:00
一昨日「ホンマに発表するか?」と疑問を持っていた「OM-D E-M1X」。

ホンマに発表したな。

早速公開されているオリのHPで見せつけられたPVを観て驚いた。



続きを読む "ホンマに発表したな。 凄いぞOM-D E-M1X 。 航星日誌 地球暦 20190125"

「明日発表」と言う噂は本当か? E-M1X 航星日誌 地球暦 20190123

2019.01.23.Wed.11:00
オリンパスから、現行のハイエンド機よりも高性能な機材が発表される。
と言う噂が出始めてから久しいが、欧州等から発信される情報によると、どうやら

発表日は「20190124」で、
これまでに世界でも搭載されたことの無い大変な高機能を与えられ、
伴って非常に高価なマシンになっているはずだ。
その名は、E-M1X。

と言うのが噂の概略。

それがここに来て、外観や同時発表されるレンズや補機類情報もリークされ始めているので

艦:いよいよこれは本物か。

と、考えざるを得ない。

Olympus-E-M1X.jpg

画像はネットから借用。(ウチにこれがあろうはずが無い!)
ボディ正面右下にロゴが見える。
はっきりと「E-M1X」と刻まれている。

続きを読む "「明日発表」と言う噂は本当か? E-M1X 航星日誌 地球暦 20190123"

ね、欲しくなる。 航星日誌 地球暦 20190115

2019.01.15.Tue.11:00
先週土曜日訪問の、オリ大阪司令部。

トークショー聴講後、ついショールームスペースで気になる機材を手にしてしまうだろ?

そもそも、盛大に広告もバーンと出しているし。

E1120008.jpg

続きを読む "ね、欲しくなる。 航星日誌 地球暦 20190115"

フィルムカメラ、そこまで財力ありません。 航星日誌 地球暦 20180915

2018.09.15.Sat.11:00
今日・明日は何とか休みを確保できた。
このあと主治医(近所の内科医)からの少し撮り歩きを考えているが、先日、


いつだったか元町商店街を航行中、
前方にただならぬオーラを発生させている人物を発見した。
後姿を。

もちろん、撮っていないがね。

d0350505_00081977.jpg

今日の画像はいずれもネットからの拝借。
感謝します。


続きを読む "フィルムカメラ、そこまで財力ありません。 航星日誌 地球暦 20180915"

今日、行ってみるつもり。 航星日誌 地球暦 20180901

2018.09.01.Sat.11:00
カテゴリーを「カメラ」として、

神戸では今日、オリンパスの「移動型ショールーム」がやって来る。

OPUP.jpg

最新鋭のボディやレンズを手に取り、操作勝手を確認することが出来る。

続きを読む "今日、行ってみるつもり。 航星日誌 地球暦 20180901"

4年、10カ月と4日。 お世話になりました。 航星日誌 地球暦 20180825

2018.08.25.Sat.11:00
カテゴリーをカメラとして。

地球暦 20180822、所用で大阪へ出かけたがその場所が「信濃橋」で、

それはつまり「本町」だ。

「本町」と言えば我々には、


艦:オリ大阪司令部があるやん。( ̄▽ ̄ v オフォ


と言う事になり、
もちろん訪ねたことも記録した。

P8210008_201808220717516ee.jpg

続きを読む "4年、10カ月と4日。 お世話になりました。 航星日誌 地球暦 20180825"