FC2ブログ

5勝3敗!

2010.05.16.Sun.18:51
なかなか話題に出せませんでしたが、大関:魁皇。

今日勝って5勝3敗。
連敗もストップ。

しかしながら、迂闊にもTVの前でウトウト・・・

肝心の一番を見落としてしまいました。

スポンサーサイト



「おばさん」、と呼んでいます。

2010.05.16.Sun.13:52
もう3年くらい前になるでしょうか、

会社の先輩とOB、私の3人で黒姫高原にスキーに行った事があります。
このブログのリンク先にもあるペンション:アルマナックに泊まりました。

こちらの夕食は「本格中国料理」。
美味しいんです。
研究にもご熱心で、ご家族で年に1回現地に足を運ばれて新しい調味料などを仕入れて来られるそうです。

で、その泊めて頂いた時にこれが置かれていたのです。

P5166715.jpg

何かと聞くと「ラー油」。
唐辛子・菜種油・山椒(中国山椒)といった普通のラー油原料のほかに「ピーナッツ」が入っているのが特徴です。
1本買って帰りましたが、これが美味い!
特にピーナッツがアテにもなりますし、我が家ではサイコーです。
最近「食べるラー油」が流行っているようですが、これには随分前からお世話になっています。

アルマナックの女将の話では、最近は現地でとてもよく売れていて、このシリーズ(ピーナッツに代わる具材が色んなタイプがある)がズラーっと並んでいるそうです。

これを「おばさん」と呼ぶ由縁はラベルの「おばさん」の写真。
当初は白黒だったのですが、最近はカラー!

おばさん、だいぶ儲かっているようです(笑)

ちなみに、神戸では南京町の某商行地下売り場に並んでいますが、少し品薄になってきています。

i PADは本当に「書籍」として扱われるのだろうか?

2010.05.16.Sun.10:54
日本人の「活字離れ」が言われて久しいのですし、世界的に新聞社が「電子配信」に本腰を入れ始めて「新聞紙」と言うものが将来は消滅までは行かずとも、衰退する事はどうやら歴然としているようです。

そんな中での「i PAD:日本での予約開始」。
電子機器としての性能は素晴しいと思いますが、文芸書や専門書までもこのような電子媒体でいいものか?と疑問を感じます。

特に文芸書は、本を手にした時の装丁の手触り、印刷されている紙の触感。
上質に出来ているものです。

「ただ読めればそれで良い」とは「読書・作品に対する姿勢や思いいれ」が違うのではないかと思います。

ハナシを元に戻すと、そもそも「活字離れしている日本人」が、これによって「活字:読書」に戻ってくる、と言うのはいささか考えが甘いのではないかと思います。

ゲーム機と同じ感覚で「そのマシーンが欲しい」だけなのでしょうか?

ニュースで報道されていた「予約の列に並ぶ人々」が「本を読みながら待っている姿」は見られませんでした。

けっこう有名な話のようですが、

2010.05.16.Sun.10:38
先日地図を見ていると気付いたのです。
できればその地図を載せることができればいいのですが、著作権やらなんやらで。

先ほど次男に「中間テストが終わったら、出雲大社と厳島神社を両方回って、帰りに美味しいモンでも食べに日帰りで出掛ける、と言うのはどうです?」と聞いてみました。

なんとも困った様子。
次男はクルマに弱い(酔ってしまう)ので、困っているのです。
旅行には行きたい、でも「日帰り」だから、恐らくクルマ。
クルマに乗りっぱなしはちょっと・・・、といったところです。

で、種明かし。

出雲大社神戸分祠と厳島神社(地図上の表記はありませんが、同じく分祠又は分社)が神戸市中央区の中で、しかも両者が徒歩圏内にあります。

地図を見せると次男も納得。

近々家族で出かけてみたいと思います。