FC2ブログ

昔は阪急も「看板」だった。 航星日誌 地球暦 20200925

2020.09.25.Fri.11:00
連休中は先に記録のとおり、おこもりさんでデジタイズに必死だったので今日もそこから。

通学に阪急梅田駅(現「大阪梅田」駅)を経由していたので、勢い阪急の写真ばかりになる。
「おけいはん:京阪電鉄」も使ってはいたが今のところ、デジタイズ対象として姿を殆ど見せていない。

で、
今でこそ「方向幕:行き先表示」や「列車種別表示」は、かつての「幕:フィルム」からLEDに変更されつつあるのが当たり前だが、今から40年ほど前の関西私鉄では「看板」を掲出しているのが当たり前だった。

N9210063_D.jpg

フィルムの頃から適切な露出を得るのが難しかったらしい梅田駅。
奥の同じく宝塚線と思われる(根拠はある)の5100系はそこそこの色が出ているのでこれで良しとする。
(いや、これでいいのか?)
続きを読む "昔は阪急も「看板」だった。 航星日誌 地球暦 20200925"
スポンサーサイト