FC2ブログ

聖夜だった昨夜。航宙日誌 地球暦20111225

2011.12.25.Sun.11:37
昨日は土曜日だったが、上官は仕事に出掛けて行った。

私が訳が解らないなりにもしっかりした内容の夢を見ている間に。
実は本艦の「年末年始休暇」は23日から始まっている。

この3連休帰投、今日再び出撃、3日後再び帰投。
更に正月は三原で過ごそう!!と言うダイナミックな計画(29日帰還、1月2日家族で Camp HIROTOMOへ!!と言う大胆な計画)を実行するには、休みにも仕事にも集中できずくたびれ儲けに陥るだけになる事必至。

上司と相談の上、22日に許可を貰い司令部に帰還している。

23日は気心知れた、老若男女の呑み仲間10人程での忘年会。

楽しく、激しく、またもちろん「佳い酒」だった。

その宴席で、私よりずいぶん若い男前からの一言。
「兄さん、明日は、クリスマスやし家におってあげて下さいね」

有難い気遣い。
散髪に出かけたかったが、「散髪=そのまま糸が切れる=呑みに行く」を意味するので、彼の言葉を思い出しずっと家にいた。


「出来る事はお手伝い」が我が家の野郎共に共通した課題なので、私は「白ご飯」を炊いておく事にした。

出掛けて行った上官が帰って着たのは5時半頃。

夕食をどうするか相談した。
選択肢は2つ。
・餃子の王将:白川台店で買ってくる
・上官が今から作る(材料は買って来たらしい)

協議の結果、後者に。

で、こんなご馳走を作ってくれた。


PC240157.jpg

チキンソテー、ナポリタンと野菜添え。

仕事が終わり、買い物までして疲れて大変だったろうに…
作ってくれた上官に感謝している。


もちろん、友人との呑み会は楽しい。
しかし、家族と、手作りの料理を家族で食卓を囲んでの食事。

これはなにものにも替えられない一番の、本当の「ご馳走」だ。

その後、上官が好みで買ってきたカットケーキ4種が並び、各々好きなものを選んだ。

食卓には笑顔が溢れ、4人揃っている事を目には見えない何か。
で確認し合っている。
と勝手に思い込んでいるのだが。

上官は力尽き、ここでうたた寝を始めた。

息子二人は「勉強」

なので、私が少し(全部ではない)洗い物をして台所を片付けた。

風呂洗いは次男の任務らしいので、これを指示。
湯を張り、いつもは一番最後に入浴する上官を起こし、一番風呂を促した。

普段、この提案はほぼ却下されるが、野郎共3人の状況から判断し、珍しく一番風呂に入ってくれた。

続いて次男、長男の順で。

私は入らずに寝た。

睡魔が勝ったから。


宗教と政治ネタはここでは基本的に書かない事にしている。
「基本的」の例外は、かの「出雲大社」だけ。

しかし、昨日は少し政治ネタだったので、敢えて書けば「我が家の宗教:信仰対象としては希薄だが:は浄土真宗」だが、世間様並みに「クリスマス行事」を行う。

が、今では上記の通り「家族お互いの存在確認」
上手く表現出来ないが、今、私の心の中で、(単身赴任のお陰様で)その火が小さく吹き消されそうな、心が折れかけていた「家族団らん」と言う灯り。

これを「大丈夫」と再び心に刻み込んで頂けた。

正に「聖夜」だった。


世に数多と溢れる神々に、正直に感謝します。


ENTERPRISE Out

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する