FC2ブログ

友人、間寛平。 航星日誌 地球暦20130418

2013.04.18.Thu.11:00
最近、夜中に2,3度目が覚める。

眠りが浅いのだな。


おかげさまで、また不思議な夢を観た。

場所は、寛平ちゃんの東京の家。

kanpeichan.jpg

それは、JR品川駅の南側のマンションの一室。


私は出張で東京にやって来たのだが、そのついでに友人:寛平ちゃんの家に寄ったのだ。

これだけでは面白くないのだが、要は梅田三番街高速バス乗り場から出発したところから、
剛力彩芽さんが同行していた事だ。

ayamechan.jpg


彩芽さんと私は、どうやら旧知の仲の様で、しかも寛平ちゃんも同じく。

私の仕事中、彩芽さんは寛平ちゃんの家を拠点にあちこちぶらついているとの事。
それが数日続いた。


ある日の事、私は出張中の休日を迎えた。
彩芽さんをどこかに連れて行ってあげようと考え

E:行きたいとこ、ある?

と、聞いてみたが黙って首を横に振る。

その様子を見ていた寛平ちゃんが、私を部屋の隅に連れて行き(かなり広い部屋)、

寛:いやワシもな、どっか行きたいトコあるか? て、聞いてみてんけど、無いっちゅーねん。
  ところがな、ワシが出掛けようとすると一緒に出掛けよんねん。
  ただ、どこに行きよるかはわからへん。
  途中でおらんようになるんや。
E:‥‥


ふと、
私は、東京で「医者に行かねばならない」事を思い出し、彩芽さんに


E:今から医者行かんとアカンねん、今日は付き合い出来んでごめんな。

と、言うと、彩芽さんがそれまでのうつむき顔から急にニッコリして

彩:私も行く!! 品川のビルにあるお医者さんに行きたかったの!!


よく聴くと、背中に腫瘍が出来ていて、それをキレイに跡形無く切除出来るのは、品川の、その医者しかいないらしい。

滞在中、何度も行ってみたけど、1人で入るには怖かったらしい。


寛平ちゃんが、彩芽さんに

「つまり、背中にデンボができたんか?!」


彩芽さん、顔を真っ赤にしてうなずいた。



チャンチャン



ENTERPRISE Out


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する