休日ダイヤ。 航星日誌艦長私的記録 20150405

2015.04.05.Sun.14:30
昨日、
神戸に住む古くからの友人が三原まで遊びに来てくれた。
もう30年ほどの付き合いだ。


一昨日の夜、8時半過ぎにさらっと、


「明日行きたいんですが、いいですか?」って。

嬉しかったし、特に断る理由は何もないので二つ返事でOK!

青春18きっぷで、
しかも「赤穂線回り」と言うとんでもない遠距離をゴトゴトと走って来てくれたとのこと。

お宿は三原のビジネスホテル。

チェックインしたところで電話をしてきてくれた。

その頃は私も、
「そろそろ頃合いかな、どこへ行こうかな?」
と思いながら支度をし、名残の桜の撮影に興じていたところだった。


E4040201.jpg




E4040175.jpg




E4040208.jpg




E4040184.jpg




E4040210.jpg



こんなことをしていたところに彼から三原着の知らせ。



福山=自由軒へ行こうかとも思ったのだが、昨日は、

カープ、デーゲーム=店内空気がもう球場。
なので、ゆっくり話せない。NG


それに、
「赤穂線経由で5時間ほどかけてやっと着いた」と言う彼に、

スマンが、福山まで行こうか?

とは、本当に裂ければ言うが、基本的に口が裂けても言える台詞ではない(片道30分だ)



なら、三原で?

何もないよ、この街。



で、考えた。



この桜が、実は隠れた名所なので、
デリカで彼を迎えに行き、ここで少し桜でも愛でればいいな。
とね。



彼は結構もの静かなタイプなので、それで佳かったようで。



夕方になり、歩いて糸崎から再び三原に戻り、夕食場所を探したが特に「ココ」と思い当るところが無かったのだが、
「溶岩焼き:溶岩で作った板を熱してそこで素材を焼く」の店が、まぁまぁ落としどころか、と考え入港。


E4040211.jpg



基本は、鶏ね。



でもそれより、
錆びついた頭の中の引き出しが次々と開錠し、出てくる出てくる、当時の私たち仲間の数人にしか解らないハナシ。


楽しい時間を持つことが出来た。



旧友に感謝。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する