「場所取り」が一番肝心。 航星日誌 地球歴20150810

2015.08.10.Mon.11:00
昨日、やっさ祭最終日。

〆は花火。


E8097308.jpg

去年から糸崎港に台船を浮かべ、そこから打ち上げる様になった。

一昨年までは、Camp HIROTOMO向こう岸にある工場敷地内から打ち上げられていた。

どちらにしても、私は出掛ける事無く「時間になれば、ベランダに出るだけ」で悠々と見物が出来、終わった(らしい)後も、そのまま自室に戻れば佳いので、本当に花火見物は春の花見と並んで、このCampの本当に素晴らしいところだと思う。

だがしかし!
普段の夕景を撮るにしても、向かいの山を撮るにしろ、
私のベランダの真ん前は「電線とちょうど同じ高さ」なのでぇ、


一面の雪景色にも、

E1304750_20150809222519553.jpg

黒い電線がいっぱい写り込むので白さが出せない(腕のせいもあるが)。


久しぶりの土砂降りが美しいと思っても(思う方がおかしいかも)、

E5151577.jpg


「アクセント」
として上手く使えば佳いのだが、そこまでのイマジネーションは生憎装備されていないので、
( ̄▽ ̄;


昨日の花火しかり。





E8097305.jpg


よくもまぁ、狙われたかの如く、
爆発の中心に電線が入り、( ̄▽ ̄;





E8097319.jpg


そこからせっかく大きく広がったのに、
見事なダダ被りで、( ̄▽ ̄;





E8097321.jpg


涙にすら見える(見えんか)。



やっぱり花火撮影は、場所取りが一番肝心だ。

楽しては撮れぬ。

昨日そんな、今年最初で最期の花火撮影。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する