FC2ブログ

長男と二人旅 3

2010.03.23.Tue.13:58
元町から阪神電車に乗りました。

P3215740_20100322215911.jpg


気持ちとしては「三宮から奈良行き直通快速急行に乗りたい」と言う気持ちが強かったのですが、運転本数が少ないので、普通の直通特急に乗り、尼崎で乗り換えるコースとしました。

これはこれで「阪神尼崎でのおもろい乗り換え」が体験出来ます。

阪神尼崎での乗り換えでは、阪神尼崎発近鉄久宝寺行き準急が来ました。

P3215741.jpg


コレに乗って10数分。
あっという間に近鉄の難波改め「大阪難波」。

なんばの駅から府立体育館までは歩いて10分ほど。
体育館に近づくにつれ、力士が髷につけるびんつけ油の薫りが強くなり、テンションも上がります。

体育館が見えて来ました。
前には部屋や力士への幟が無数に立ち、正面入り口には力士の入りを待つ多くのファンがごった返しています。

P3215755.jpg


私たちはその道をはさんで向かい側に着いたのですが、こちらもパラパラとファンが。
そして何故かこの「反対側」にも付き人の様な力士が数人。

ダレか大物が来るな。
と思って待っていると、白い品川ナンバーの外車が横付け。

降りて来たのはなんと!
横綱:白鵬関でした。

P3215750.jpg P3215749.jpg (クリックすると大きな画面が現れます)


でっかい!
オーラが凄い!!

P3210108.jpg


いやいや、凄いタイミングでした。

それまで渋滞していた道路を付き人や警備員がせき止め、広~く開いたスペースを横綱が悠々と渡り体育館に入って行きました。

私たちは横断歩道まで遠回りをして体育館に。

今日の取り組みが張り出されています。

P3215757.jpg


入ると横綱と大関の「立て看板:では無いな。何と言うか写真の通り」があります。
まず佐渡ケ獄部屋の二大関と記念撮影。

P3215760.jpg


場内に入り、整理をしている係の人にチケットを見せ概ねの席の場所を教えて貰いました。
指定された桝に行くと、既に今回席の段取りをして下さったNancyさんご姉弟さんがいらっしゃいました。
挨拶をして座らせて頂きました。

P3215763.jpg

席からの眺めはこんな感じ。

P3215795.jpg


十両前半が終わる頃合いで、一時幕内にもいた山本山関の取り組み。

十両は仕切りの回数や間合い時間が少ない、短い事もありテレビで観ているとは全く違うスピードで取り組みが進みました。

早くも幕内土俵入り。
偶数日なので西方から。
続いて東方。

P3215773.jpg


そして早くも横綱の土俵入り。

P3215785.jpg


さっき目の前を通った人が、今、あそこにいて土俵入りの造作。
日本の神々に奉る神事の一つを執り進めている。
何かとても不思議な事でした。


幕内の取り組みが次々進む中、今日のお目当て「魁皇関」が東の花道から入って来ました。

歓声が上がります。

カメラのレンズを通して見ると、大関は座ってからずっと左足を揉んでいます。
日々、テーピングが増え「毎日辛いんだろうなぁ」と思っていた事が目の前で正に現実。

P3210128.jpg


今日の対戦相手は稀勢の里関。
これまで8勝13敗。
分の悪い相手です。

同じ桝席の4人で次々に「かいおぉ~!」
掛け声を掛け、必死の声援。
時間前、4人で「せぇ~の!`かいっおぉ~!!

P3210130.jpg


その後はじっと見守りましたが残念ながら「寄り切り」で負け。

4人共(少なくともNansyさんと私は)「今日は終わった」みたいな(笑)

最後に白鵬の「横綱相撲」を見て一同納得。

その後ニュースでも流れましたが、弓取り式で力士が弓を放してしまい、おまけに足だけで拾えない始末:手で拾ってしまいました(笑)
そんな「なかなか観られない」シーンも見せて頂いて・・・

充実した相撲観戦でした。

Nancyさんご姉弟さんとはここで現地解散。
お世話になりました。
お陰さまで「父親」をやらせて貰う事ができました。
感謝します。

時間は18時過ぎ。
お腹が減りましたので、長男の希望により新世界に串カツ。
と言う事になりました。
(おいおい、絶対混んでるでぇ)

つづく


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する