意外に「使える」吉呑み。 航星日誌 地球歴20151121

2015.11.21.Sat.11:00
吉野家(牛丼のね)が、夕方から「ちょっと呑む」範囲の事業展開として看板を出した「吉呑み」。

これまでも吉野家では冷酒とビールの提供をしていたが、一時冷酒を撤廃。

牛皿:牛丼の具だけをアテに、この新潟県産で「吉野家」銘で出していた日本酒はなかなか素敵だったので非常に残念だったのだが。

昨日は新神戸から直行で帰還。
新神戸から地下鉄で名谷へ。まだそこからバスに乗る。

で、バス停の真ん前(本当に吉野家出入り口の延長線上にバスの乗り口が待っている!)にある吉野家に初めて入港。

吉呑みを調査することした。

PB200065.jpg

つまり、呑んで帰りたいのだろう?

冷奴。


PB200064.jpg

見事にぺらんぺらんに切られた絹ごし豆腐。

失格。

生姜ももそっと「盛って」くれんかな。 チューブから出しました感しか無く、あまりにも悲しい。



一応、二品オーダーしたのだが、二品目は出てくるのに少し時間がかかった。
しかし「待たされた感」は無い。

豆腐をそろそろ食べ終わるか、と言うころあいだったので丁度良かった。


PB200065.jpg

ブロッコリーの胡麻和え。


接近するとこんな感じで、

PB200066.jpg

まだ温かかったし、胡麻もたっぷり。
味付けも悪くない。

そこそこ楽しめた。

まさに「ちょい呑み」。



で、

時間を見ると「あと3分でバスの時間」。

最後まできれいに平らげお勘定。

店舗出入り口からまっすぐ10数歩。

無事に着席。

これはこれから、



使うかも知れんぞ。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する