佐渡 裕さんはやはり素晴らしい! 航星日誌 地球歴20151208

2015.12.08.Tue.11:00
久しぶりに来たぞ。

カテゴリーを「吹奏楽」として!

お題は、1977年吹奏楽コンクール課題曲「ディスコ・キッド」

YouTubeでずいぶん集めてみた。



10曲(パターン)の「ディスコ・キッド」をもうずいぶん前から集めていて。

それは、私ども高校の第2回定期演奏会で演奏した曲なので、この曲を含めて演奏した曲を集めて回っているのだがね。

一番面白いと思ったのがこの「ディスコ・キッド」


ナニが面白いって、

私も所属していたパーカッション(以下「Perc」)はどんな曲を演じても「ついつい「指揮者よりも速く(走って)演奏してしまう。

と言う事をリアルに体感してしまう。10曲も並べば特にね。


私が集めた10曲の演奏の中で、概ね7~8小節目。ドラムスがベースドラム(足踏みの大太鼓=ベースドラム、ベードラ、ですな)を踏み始めた辺りから怪しくなり始めて、それはつまり「走り始める」を意味していて。

どのバンドもそこそこに納まって入るのだがこの辺りからついつい走ってしまう。


ところが、河口湖音楽ステージでの佐渡 裕さんの率いるバンドではそれが見られない。
少し走りそうになるのだけれども、指揮者(佐渡さん)がそれをキチンと抑え込んでしまう。


流石。


で、佐渡さんの指揮を。

リストの9曲目。




またお気に入りの吹奏楽曲はたくさんあるのでじわりと。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する