FC2ブログ

Camp HIROTOMO 非常警報。 航星日誌 地球暦20160124-2

2016.01.25.Mon.01:12
就寝が遅くなり、ようやく支度が出来たのだが、居間と寝室との防水区画であるふすまをいつものように開けっ放しにして30分が経ったさっき、気付いた。

室内温度が4℃下がっている。

寝室の窓は和装で、障子の向こうはガラス1枚。

例のプチプチ防寒は施していない。


その窓から冷気が忍び寄っていたのだ。


ふすまを開けると景色に異変を感じ、反対方向にある南側の、
ベランダへのドアを開け、

息を呑んだ。


















既にパウダースノーで15センチ程度の積雪と見える。


急遽、
寝具を居間へ移設。


寝室との防水区画を閉鎖。


生命維持装置(エアコン)のある居間で、
公さん:きんさん一家と共に寝る。


いつものように寝ていたら、

「居間が冷え込み公さん:きんさん一家が危うい」事が一番の問題だったのだ。
(かと言って、防水区画を閉めそのまま寝ると私の目覚ましであるテレビの音が聞こえない心配:ふすまだけはしっかりしているのだよ)


と言う、非常警報のCamp HIROTOMO。




ENTERPRISE Out


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する