写真は不発。 呑みは大成功! 航星日誌 地球歴20160214-2

2016.02.14.Sun.16:21
E0002729.jpg

広島駅前から、八丁堀まで10分ほど。

白島(はくしま)線に乗り換える。

ここはいつも、大阪市営、京都市営路面電車のOBが走っている。

往路は大阪市営だった。

E0002733.jpg

運転台左横の小さな窓にもワイパー。

そうか、バックミラーがあるから。



1駅目「女学院前」で下車。



愛飲推進のお店へ。

E0002736.jpg



アテに、

「ドロエビ」と言うそうだよ。

E0002739.jpg

エビの刺身は美味いね。
大好物。

普段はプリン体が多いから意識して避けているけど、たまにはいいだろう。

2尾あったので、
1尾を愛飲推進しながら。

もう1尾を、

E0002740.jpg



竹原のお酒、珍しくぬる燗を頼んだ。



E0002742.jpg


いつもは、もう一品、もう一杯頼むのだが、
昨日は他に目当てがあったのでこれにて抜錨。


再び八丁堀に戻る。

E0002746.jpg

今度は京都市営。


乗り換え、広島港行き「1系統」に乗る。
所謂LTR車で、

E0002753.jpg

バリアフリーの最たるもの。


目標までは時間が掛かり、30分弱。


漸く着いたそのお店は17:00オープン。
到着が17:25頃だったのだが既に満員、おまけに先着2名の待ち人。

私は2組目:3人目の待ち人となった。


寒さは知れていたのだが、

先ほどの「愛飲推進行動」が効果を見せ始め、トイレを辛抱し始めたのは待ち始めて15分ほど経った頃か。

その頃、ご常連と見える線香1組目のお二方に、お店のおにいさんが「何とか席を作りました」と案内されていき、私は列の先頭に。

一言言ってトイレを借りればイイのだが、昔からそういうのは変に気を遣う(初めての店だし)と言うか、強情を張って(まだまだ大丈夫、と言う思い込み)、
辛抱辛抱。


が、しかし!
もう遂に我慢の限界を迎えようとした時に救われた。

突然扉が開き、お二方のお客人が抜錨していった。

艦:つまり、入れる!(トイレ!)

すぐに案内され、まずトイレ。



有害物質の排出後、改めてオーダー。


P2130011.jpg 懲りんな。( ̄▽ ̄;)


ここは愛飲推進が出来ないのだが、幸い瓶ビールには「中瓶をチョイスできる!」と言う素敵なお店で、


取りあえずビール。

アテに、


看板には「餃子の○○」とあるのだが、餃子以外のメニューがかなり充実しているところを見込んで来たので、



P2130013_20160214155542f9b.jpg

穴子白焼き。(2本入り)

なかなかよろし。


次に、

P2130014_20160214155537257.jpg

蛸の旨煮。

酒を地元広島市内の「旭鳳:きょくほう」。

穴子も美味かったのだが、

それ以上に蛸が美味過ぎて、

P2130017.jpg

名残惜しい。

途中、
既に「三原からの最終バス(19:45)」に在来線はおろか、新幹線でも間に合わない事が判り、


艦:そう言えば「流川餃子センター」も捨て難い。


そう思い直し抜錨。


勘定を払うときに、店の大将が、

大:えらいお待たせしてすいませんでした。(この一言で帳消し)
艦:いや、上手かったです。倉本さんのテレビを観て来ました!
大:あぁ、そうですか、ありがとうございます。 平日ならこんな事も無いんで、またよろしく!

再訪を誓って抜錨した。




ENTERPRISE Out


続くのか。( ̄ロ ̄;)!

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する