少し、在来線のハナシ。三原から広島。 航星日誌 艦長私的記録 20160306

2016.03.06.Sun.19:00
山陽本線起点の神戸から三原まで260余km。

途中、兵庫県から岡山県に入る辺りと、三原から広島市内圏直近までは結構山の中を走る。

特に後者は高低差・寒暖差が大きいので115系電車(近郊型電車の中では「山男」)が使われるのだな。

誕生から50余年を過ぎる同系は未だに、この地の主力として君臨していることが非常に嬉しい。

P3050664.jpg

すれ違った。

向こうはどうやらリニューアル工事を請けた車両の様だ。
でも先の「3000・3500番代」では無い。


山中を走り、

P3050673.jpg P3050659.jpg



時々、駅。

P3050654.jpg



途中、
峠越えのコンテナ列車、

P3050686.jpg



P3050688.jpg

を後押しする電気機関車としては3代目、新山男のEF210-300。
(ヘッドライト横のテールライトに灯が入っているだろう?)



P3050660.jpg P3050670.jpg

P3050662.jpg P3050669.jpg

                ようやく、坂の下の駅”瀬野”を過ぎ、平地に。


広島手前で貨物の操車場。

大好きな場所のひとつ。


P3050693_20160306153810dc5.jpg




P3050694.jpg

この300番代の金帯はいいな。

これでブルートレインを牽いてもらいたかった。



P3050695.jpg

あぁ、失敗。
入れ替え用のDE10(向こうの赤い、ディーゼル機関車だ)まで!



P3050692_201603061538086cc.jpg

席が後ろ向きだったのでとても撮りにくかったが(おまけに広島直前ですっかり満員)、
EF67。




P3050700.jpg

機材がTGだったので、遠望したEF200(手前先頭機関車)とEF66-100(その向こう側の線路上)が並びで観られたのは嬉しかった。



P3050656.jpg




P3050657_201603061537307ec.jpg

227系、基本的な構造は、京阪神での225系に準じているが、3両編成が基本。

これが大増備される今度の3月26日ダイヤ改正らしい。



そんなこんなで広島着。

P3050705.jpg




実はここから「方向幕」のシンボルカラーが変わり「赤」に。(糸崎からは緑色)。


P3050685_201603061537583db.jpg

駅標までも緑に変更(コーポレイトカラー無視)し、まるでJR東日本か北海道と感じてしまう。



こうして広島に至り、「昨日の鉄分補給:第3537話へのリンク

新幹線に乗り換え方角としては南南西: 5 7時の方向に舵を切った艦長だった。




ENTERPRISE Out



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する