仕切り直して「文化的な生活に感激」( ̄▽ ̄; 航星日誌 地球歴20160314-2

2016.03.14.Mon.15:00
中学校3年生直前で落ちこぼれた私の末路はふらふらはしたものの、

外道に落ちる事も無く適当に高校進学、
大学進学も「渡りに舟」状態でかろうじて現役で滑り込み、就職も同じく。
今の会社にもそのまま所謂当時の「エンコ」で入り(一応、専攻科目重視は頂いたが)。

その後は比較的穏やかに過ごし、無事に上官と巡り逢って結婚が決まり自宅(須磨区北部)から出る事になった。

これが、3回目の引越し。
自分でレンタカー(2t パネルバン:運転したかった)を借り上官の荷物も含めて当時の公団住宅に初めて世帯主となって引っ越した。

その後、
会社に激震が数回起き、(社内ではこの後、4~6年に一度発生する大規模組織変更を「年中行事」と呼ぶようになっていった)
まず結婚してから3年ほどが経った頃、

家族で東京へ(第2回年中行事)。
一応「片道切符」。

4年ほどいたか。

「第3回年中行事」で無事に帰神。

5年ほどか?
「第4回年中行事」で単身で東京へ。

2年の約束ながら、僅か1年2ヶ月で無事に帰神。

がしかし!
この帰神により大幅な職種変更を余儀なくされ、生来の性格も相まって「お疲れ病」に陥ったのだがその3年後くらいか。

「第5回年中行事」で遂に、Camp HIROTOMOに単身赴任となり今回、

6年弱のHIROTOMO生活が終わり、この単身赴任者寮へ引っ越した。


都合、9回目。


自分の意志で実行されたのは僅かに1回、結婚した時だけ。


疲れたな、引越しに。


おい、
「文化的な生活」とはいったいいつ記録するのだ!




ENTERPRISE Out ( ̄▽ ̄; あぁ、


P3130912.jpg

お風呂、の話題には間違いは無い。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する