並べ立ててみた。 航星日誌 補足 20160329

2016.03.29.Tue.15:00
既に記録してある通り、ここGR7には「備え付け」として、


机、


チェスト、


箪笥。


セットされていて、居住期間における「一時的撤去」も許されない。

結構無駄なスペース(まだ散らかっている部屋を相手によくも言えたな)。


P3120910.jpg

チェスト上の椅子は艦長の持込み品。
机にセットされている「学習机用」みたいな椅子は、これも備え付け。
返却を申し入れたがNG。

さておき、
この手前の箪笥、と表現している家具。

最上段がガラスの引き戸付き。
食器棚としても使えるのだろうが、小さな小さなキッチンとは間に隔壁があるので機能的では無い。

なので、

別用途を考案。



16-03-28-20-45-06-391_photo.jpg

ドーンと、我が艦隊。@Camp GR7。



この機も同列に。

16-03-28-20-45-27-106_photo.jpg

上手く言えないが、
裏蓋とボディの隙間。

本当は「モルト」と言うが、

パチンとふたが閉まった時に、ボディと裏蓋は金属同士なので本当に密閉(完全な暗室状態)にはならないだろう。

なので、フィルムカメラにはこの隙間を埋める「モルト」と呼ばれるスポンジ様の素材で密着を確保しているのだが、

このカメラは、現在見たところではモルトの一部が経年劣化しているほかに悪いところが見当たらない。

早く適合レンズ(規格的にも、使い勝手にしても)を探して撮影してみたい。



更に言うと、
まだここには呼ばれていない、司令部繋留の「OM-1N」と、「OM-4」も連れて来なければ。



P3280028.jpg P3280029.jpg

私が愛したカメラたち。

一緒に並べたい。



そして更に!

16-03-28-00-05-05-410_photo.jpg

あぁ、( ̄ロ ̄;

ヤッパリ・・・・

こう来るわな。
手前、ふそうB906R。
当時(1969年)、最強(350PS)と言われたV型12気筒:12DC20型エンジンを擁し、国鉄専用モデルとしてデヴュー。
弁天町の交通科学博物館に実車があったが、京都には引っ越せたかな・・・・

後方は、
先代エアロクイーン、MS821P(と思われる)
両者共に、1/156のスケール。


そなると、


もちろん、

P3280001.jpg


おぉ、( ̄ロ ̄;!
銀河の白鳥!
GALAXY-CLASS!
ENTERPRISE NCC-1701-D


まぁ、簡単な幸せ者で。


こんな生活を送っている。

P3280002.jpg P3280004.jpg

友人から借りっ放しの本もある。
返しに行かねば。


P3280003.jpg

いろいろなバイブル。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する