もぉ、骨抜き・・・・ 航星日誌 地球歴 20160331

2016.03.31.Thu.11:00
3月31日。
今年度最終日。

よく「長い様で短かった」と言うが、私には本当に長い1年だった。

さて置き、

P3304341.jpg

昨夜のGR7夕食は本当に「和定食だった」。

鰈(の仲間)煮付け、南京の炊いたん、白菜等々の浅漬け、ひじきと大豆の炊いたん、ご飯と少し珍しいと思ったのが、もずくのすまし汁。

が、悪くなかった。

これまでの情報は「みんな贅沢を言っているだけ」と言う事がよくわかった。

独り暮らしで、これだけのお膳を作る事は大変な、ある意味献立からの労力を考えると本当にその意味のまま「ご馳走」である。



がしかし!

やはりトラップは仕掛けられていた。
悪くは無いのだがね。

P3304342.jpg


鰈(の仲間)の炊いたん。

この時点で気付くべきだった。



上か下かよく判らないが縦の半身を食べたところで、ある種の違和感。



少しいじくって確認、そして気付いた。

P3300064.jpg


少し撮影用にかじってみた。

P3300065.jpg

( ̄ロ ̄;!
あぁ!やっぱり!



P3300066.jpg

鰈(の仲間)なのに、全ての骨(含む小骨)を全て抜き取られている!


少しパサつきを感じたのは、やはり骨抜きのせいだろう。

骨と身の間にある「美味いところ」もろとも抜かれている。



最近は魚離れと言われるが、こんな事をしても余計に逆効果を感じる。(高齢者等必要な方には佳いのだろうが)



と言う、すっかり骨抜きにされてしまっていた。
と言う昨夜の三原飯。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する