一つの数式、S + L = C と言う難問。

2016.05.19.Thu.11:00
先日、

少し早く終業した際に寄り道。

例の「S」の件にて。

Sとは、

Squash.jpg


ホンダSquash:スカッシュ!

まぁ、35年落ち。
このネットから拝借したものと全く同じ。

フロントのかご付きで白。

かわいいよなぁ。

でも変速機が昔のスクーターの定番で「1速しか無い」。

つまり、
停止状態からスロットル全開で加速をしていくと、ビイイイイイイイイイイィィィィィ・・・・・・と、
変速なくそのまま。
当然「加速」と言う様なものは感じられない。
ただ走るだけ。

キツイだろけど、スタイルにぞっこんなので本当に欲しい。
(実は最近、本当に通勤にくたびれて来ているのだ >>> 徒歩30分)。


ハナシ変わって、
まだまだ諦めていないぞ、
M.ZUIKO 60mm f:2.8 MACRO。

ED60mm_20160518233951c08.jpg


この両者を合わせると、Squashが整備費込みで約5万円。
60mmも同じく割引き後価格5万円強。
合わせて11万円位。

これが数式の「S + L」だ。
奈良、
には行かず、
なら、

答の「C」とはなんだ?


Squashの商談に行った時に初めて店の奥まで入らせて貰ったのだが、なんとそこには非常に程度の良い中古の「HONDA Super CUB」3種各1台が同じ価格で並んでいた。

まず、

元祖。

これぞSUPER CUB。

CUB STD スタンダードモデル。
5000kmほどしか走っていない。

その左側、真ん中に鎮座するは、

CUB LITTLE

ちょっとオサレな「LITTLE CUB」

この様にオプションのサイドバックは着けていなかったがかなりの美品。

で、最も左にあったのが泣かせる。

元祖「リッター100km」を達成した「NEW Super CUB」。

CUB110.jpg

この角目モデルね。


さぁ、これが答の「 C 」を示す。


つまり、本体価格ぴったり10万円。
登録等諸費用込みで約12万円。


元々Squashの商談に行ったのだが、
機関の調子はイイのだけれども、ゴム部品が「当時のまま」らしい。
流石に「当時のタイヤ」は命を預けるには覚悟がいるので泣く泣く諦めた。

なので今は、数式、S + L = Cは崩れてしまい、専ら「C」に傾注しつつある。

早くしないとな。
売り切れてしまったら仕方が無い。

思いっきりやる気満々なのだがネックが一つ。


艦:「三原市ナンバー」はイヤだ」と言う正直な気持ち。
やっぱり神戸ナンバーがいいよなぁ。


デリカの去就も検討しながら、本当にCUBを買うか、


前向きに検討中。




ENTERPRISE Out


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する