雨が降った、少し出かけた。 航星日誌 地球暦 20160613

2016.06.13.Mon.20:56
昨日、午後から雨が盛大に降り始めた。


Chance!( ̄▽ ̄)v


旗艦:E-M1に40-150mm 2.8 PRO 1本勝負。

さあ、修理結果の実力を見せて貰おうじゃないか。

E6120011.jpg

ドラマチックなフィルター使用。

大雨なので当然、

かの「突然分解したレンズフード:LH-76」装着は必須条件。



GR7すぐ横を流れる川。


E6120004.jpg

こういう、幾何学的文様は好き。

直線は見えないが実は斜めに川面に突き刺さる雨粒がそうで、着水したとたんにそこから真円が描き出される。
あまりに数が多いので、こんな風に見える。

因みに、カラー撮影(ドラマチックな・・・・は同じ)



E6120023.jpg

三原駅。

通過列車が思うように水煙を挙げていないのだが、ファインダー越しにハッとした。


E6120041.jpg

すごい水煙。

しかしそれは、タイヤからではなくて(あ、本当です。鉄の世界では車両工場等でも車輪のことをタイヤと言います。鉄ですが)、架線:パンタグラフから盛大に水煙が!

そうか!
道床(どうしょう:レールを敷いてある、枕木を固定しているバラストやコンクリート製のもの)は最近水はけがイイので水煙を上げるほどの水が溜まっていない。

対して昨日のような大雨では、架線にたっぷりと水が溜まる。
排水は自然落下しかないのでおのずと溜まる。

なので、そこに来たパンタグラフ(最近は空力の問題=騒音問題を下げるために、16両でも8両でも1編成に2基しか設備されていない)が溜まった水を一気に弾き飛ばすので、あたかも架線からのシャワーのようだ。

「タイヤから」と思っていたので膝をつき低い姿勢からだったので無用なホームが大きく入ってしまった。

少しインチキ(私は普段触らないから)してトリミング。

E6120043A.jpg


んん、
TESTとしては佳かったのだが、人に見て貰う写真ではないよね。




E6120073.jpg

広島着。
雨が止んだ。
一体、何のために来たやら。


少し散策。


E6120081.jpg

おませさん。
1人だけ、少しタイミングが早かったね。



E6120112.jpg

もう19時。
おなかが減ったし最近無性に「粉モン+ソース」に飢えていたので、お好み焼きを。

何か物足りないと思ったら、

マヨだよ。

まぁ、いいや。


帰りは在来線。三原まで約1時間半。


広島から無事に着席。
糸崎行きなので安心。

で、広島を出て、列車は天神川、向洋:むかいばだ、海田市:かいたいちと各駅に停まっていくのだが、まだ都市部なので駅間は短くすぐに着く。

がしかし!
例により着席後、すぐに爆睡。

辛うじて「天神川に着くぞぉ」辺りが精いっぱいで、もう向洋? 海田市?

肝心の山中を走ることろは本当に熟睡で、目が覚めたのは河内:こうち辺りで少し覚醒し「まだ着かんな」と思いまた寝て、その次の本郷でようやく「もう寝れん」と自覚。

本郷は三原の一つ手前だからな。

着いた三原は、台風並みの土砂降り。



E6120122.jpg


往路に撮った同じ川。


表情が変わっていた。


あまり使わなかった40-150mm。


まだまだ試運転は続く。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する