訓練と現実の狭間。 航星日誌 地球暦 20160617

2016.06.17.Fri.11:00
これはカテゴリーであてはまるものが無いな。

昨日の弊社、実は「安否確認システム:震度5弱で発報:社員の安否を確認するシステム」の自主訓練日だった。

10:30自主訓練(社員に前触れなく)発報。

続々と応答する社員。

応答率が約50%に達しようとした14時過ぎ、



ご承知の通り、本当の地震が起きた。


北海道 函館では震度6弱。

実際の「システム」では、前述のとおり「5弱」で発災した都道府県への勤務・居住をしている社員と弊本社に対し「警報」が発報される。

弊社北海道拠点は札幌市にあり、即座に調べたところでは震度1前後。

現地からは「本当に(訓練とは別に)発生したのか?」と言う問い合わせが入った程だ。



幸い、
実際に函館に出張していた社員は無事で、お客様設備にも影響は無かった。



終業時、「自主訓練」に対する応答率を確認したところではほぼ99%。



訓練なので「残り1%」に対する対策(本人の怠慢か、システム上のエラーか)を打てるので佳いのだが、本当に災害、震災が発生した際には「残り1%」を血眼になって確認するだろう。

同じ会社に勤める仲間なのだから。



そんな、現実と空想が入り混じった昨日の自主訓練だった。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する