KMの整備を始める。 航星日誌 地球暦 20160828-2

2016.08.28.Sun.15:00
1年がかりで、身分相応なレンズを見つけて復帰にまた1歩前進した我が艦隊最新にして私の写歴では最も古い、ASAHI PENTAX KM。

超弩級中古機(しかもジャンク)として、それなりの修復が必要だ。

ボディの汚れは殆どきれいになったので、いよいよ核心に。

E8280005A.jpg

当たり前のことながら、モルトが無いに等しい。

なので、これの修復を行うのだが、司令部に係留されているかつての旗艦、OM-1N で実践した手法を思い出しながら。

準備は、100均で揃えられた。

E8280006A.jpg


早速、
ディフューザーでの撮影。

クロームボディに敷いてあるタオルの青さが反射して佳い感じ。


仕上がり写真が明日以降。


までは佳かったのだが、以前記録した「ストラップ」についてはまだ手配りができておらず(気に入ったものが無い)、昨日モルト代わりにする素材を求めに入った手芸店で思いついたのだが、


いっそ、作るか?


いや、
レザークラフトは経験が無い。

しかも、
こんな重いものを支える強度を確保できるか?

不安要素は多く、熟考を要する。

ASAHI PENTAX KM の就役にはまだ暫く、時間が掛かりそうである。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する