昨日見た光景。 航星日誌 艦長私的記録 地球暦 20160903

2016.09.03.Sat.15:00
@三宮


E9020106.jpg E9020105.jpg


あまりこの子を「AEROシリーズ最新型」というのは認めたくなくて。


お、バスタ新宿行きか。


すると、

「係りの者」に引率されて、いずかたからともなく現れた乗客一行。


E9020110.jpg

咄嗟に、
艦:まるで、人買い、みたいやんか。むぅ。
という感想はやはりおかしいか。

さておき、

食事(ホンマに、呑みではなくお食事)を終え、帰還途中、司令部近くでふと見つけた。


E9020133.jpg


もう赤い葉が落ちていた。


季節は進んでいるな。


じっと息を殺し、
静かに右手人差し指でレリーズボタンを押し込み、シャッターを切る。

チェック。


再び息を吸い直して息を止め、
カメラと一体になり、右手人差し指でレリーズボタンを押し込み、シャッターを切る。

チェック。


E9020133.jpg


そんなことを繰り返した中の1枚。


途中、
夜のウォーキングに励むおそらくご夫婦とお見受けする男女ペアが私の横を

『すり抜けて行った』

そんなに接近しなくとも、こっちはあなた方が歩いてくる、50mくらい向こうにいらしたときから構えていましたが、カメラを。(ちょっとよけて頂ければ幸甚に存じたのですが)
この幅の広い歩道で(4mくらい、それ以上はあるぞ)。

まぁ、関係ないのだろうな。
石ころ程度の存在感。

なのに、

『すり抜けて行った』あと、女性が男性に、


女:ナニ撮ってるんやろ?


ほっといて下さい。
こちらから言うと、
艦:こんな時間に黒づくめの服装で、何をウロウロ歩き回ってるの?
なので、


これからの季節、下を向いて歩いては探し、撮り、
歩いては探し、撮り、
の生活が続く。

がしかし!
不審者ではありませんので。

キッパリ(使用許諾済)




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する