やはり必要か? 教本。 航星日誌 地球暦 20161004

2016.10.04.Tue.11:00
GR7配備のPCが何とか動くようになり間もなく1週間を迎えるが、業務上1日の半分ほど(あ、勤務中の半分ね)、PCと生活をしているので、もちろん本当の意味での「PC」の方が大切なのだが、そのチューニングには力が入らない。

とりあえず動いている状態では、電源を入れサインオンするとまずこの画面が出る。

START.jpg

色は変えたがね。

でも、慣れない、いわゆる「8の画面」が現れる。

7までの慣れ親しんだ(機能ごとのアイコンが並んでいる)画面と再会しようとすると、この状態で画面左下辺りにマウスポインターを移動させると現れる「下向き」の矢印。

そいつをクリックすると懐かしい画面、のようなものが現れることが解ってきた。

START2.jpg


走りながら考える派なので、基本的には触って覚えるを旨としている。

なので、これまでも訳の解らん機能も何とか使ってきたが今回は前述の通りの「帰ってきてまで!」があるし、それこそ走りながら必要な機能を探し出し使えばいいや!
とも思っているので、進歩が遅い。

やっぱり教本が必要か?

いや、それこそ本件の元凶である「WIN10」の仕業なので「8.1」は時代遅れ。

8.1の教本はまだ売られているのか? (もちろん有るだろうが)

そんな軽い憂鬱。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する