フラッシュテスト。 航星日誌 地球暦 20161218

2016.12.18.Sun.11:00
ポートレート撮影に使うフラッシュ。

運佳く帰還できたこの週末、手元の機材を再起動してみたのだが、


あろうことかOMシステムのTxx系は総崩れ。

どれ一つとして起動するものが無かった。

むぅ。

そんな中で1台気を吐いたのが、まさかの「SUNPAK auto 360S:オリンパスOM用」だった。

PC170004.jpg


今も健在。サンパック:シーアンドシー・サンパック株式会社へのリンク

もう30年近く昔に買った機械だが、当時のクリップオンタイプのフラッシュとしては大光量、ぐるりへのバウンスが可能。
マニュアル時の光量を5段階に調整でき接写への対応も可能。
強いて言えばやや大きい。

PC170005.jpg PC170006.jpg


PC170007.jpg PC170008.jpg

もぉ、ぐるんぐるん回る!


がしかし!


今の私にとっては「普通に起動した」と言う事が何より嬉しく頼もしく思う。


でもしかし、


この機械はフィルム用として開発されているので(当時はおそらくデジタルカメラというものが一般ユーザー向けには存在しなかったのでは?)、デジタルである我が旗艦と同調出来るかどうかが不明である。
もちろん、私の知識不足と言う事もあり。


で、テスト。


モデルに、


上官が登場する訳も無く、
決して文句を言わない「こぐまちゃん」兄弟に頼んだ。

こぐまちゃんの出所、こぐま社へのリンク かわいいぞ。

共通しているのは、
ボディ:E-M1(V4.1)
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 12-40 2.8
ISO:400
露出制御:マニュアル

フラッシュ側設定
ISO:400
f4.0設定の自動発光
出力1/16

で、
SS:1/30
EC170141.jpg

バウンス、90度(直上)。


艦:オリョ、写る。


で、

EC170149.jpg

三脚がない(GR7にある)ので、少し位置がずれたが、

SS:1/100に増速。

普通に露出がやや暗くなっただけのように感じる。

こぐまちゃん達の肌の質感は正しくなってきている。

が、
艦:まだ少し明るい。
ので、


EC170153.jpg

一気に、
SS:1/500

さすがに早過ぎた。
上部にけられが発生。



その後、

EC170155.jpg

いろいろと試してみて、



EC170157.jpg




EC170159.jpg


悪く無いねぇ。



結論として、現在のオリンパスの製品、FL-600Rを買わなくても済むのか?

と言う方向に向かいつつある。



のだが、



年賀状印刷に必要なプリンターインクを買いに行った「ビックカメラ&コジマ」で、まさかの現品陳列!
(とても珍しい:オリンパスの純正フラッシュを陳列しているなんて!)


艦:とても小さい ( ̄ヘ ̄; ムゥ


と言うのが率直な感想で。


どうしよう。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する