C-AF(TR)性能を確認。 航星日誌 地球暦 20170319

2017.03.19.Sun.11:00
昨日、GR7を出航後約3時間ほどで司令部に無事に到着した。

昼食を摂り、少し撮影に出ることにした。

天気予報の外れにより、今日の方が撮影日和だな。

E3180054.jpg

目的地。

神戸電鉄 鵯越駅。

神戸電鉄(以下”神鉄:しんてつ”)でも車両の更新が進んでいて、初めてしんてつに乗ったころ(既に45年以上前だ)からみられるデザインの車両が本当に見なくなってしまったので、今のうちに姿を留めておきたい。
と言う主旨。




E3180055.jpg

オォ!
運よく急行運用がやって来た。


鵯越駅を選んだのは、

E3180134.jpg

この俯瞰図が好き。なので、



それから、
「動体撮影に対するAF機能の設定」について復習。

C-AF(連続ピント合わせ:レリーズボタン半押し状態中、ずっとピントを合わせる”努力をする”=確実なピントが約束されているわけではない)の「TR」モード。

TRモードは、始めに捉えた合焦対象を追い続け、そこにピントを合わせ続ける。(”努力する”よりはかなり上位)。

新幹線でこれまでテストを繰り返してきたが、やはり時速が250km程度で走っているものに対し、しかもそれは「白塗りののっぺり」なのでハードルが高い。

そこで、
速度が遅くて、
コントラストがはっきりしている、

しんてつを選んだ。

E3180211.jpg



E3180212.jpg



E3180214.jpg

さすが「鉄仮面:3000系電車」お顔をコントラストバッチリ。

見事に合い続けた。


今後は使い手次第。
もっと特性を把握、理解して、本来レンズが持つ力を発揮させることが、私の任務だ。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する