フィルム回帰 Vol.1 航星日誌 地球暦 20170417

2017.04.17.Mon.11:00
土曜日。

本格的にフィルムへの回帰を始めた。

まず手にした機材は、

P4160025.jpg

OLYMPUS OM-2 SPOT & PROGRAM。
通称、OM-2SP。

このたび艦隊に配備された、かなり期待度の高い機械。

レンズは、
以前より配備されている、OM-SYSTEM 純正レンズ。


P4160026.jpg

前半は、ZUIKO AUTO-W 24mm F:2。(左側)
後半付け替え、F-ZUIKO AUTO-T 85mm F:2。

古いながらも明るく、デジタルに使っても柔らかみを感じる2本とした。(一応、旗艦:E-M1も連れての出撃だったので、マウントアダプターを介せば使えるからね)

イオン@三原でフィルムを購入。

風が強かったのでイオン店内で早速装填し、準備は完了した。

少し散歩程度と思ったのだが、
暫く「鉄分補給」をしていなかったので、イコカにチャージし、どこででも降りられる態勢で三原駅へ。

停車していた岡山行き。

117系電車に乗ることにした。

ここから撮影がスタート。

01330029.jpg

いかにも24mmの画角。

使用したフィルムは富士のSUPERIA PREMIUM 400。

むぅ。知らん。

名前の通りISO感度が400なのだが、
土曜は天気が良かったのである意味とても「キツイ」。

つまり、シャッター速度を最高速近くに設定し、絞り込んでみても、

OM-2 S/P(以下SP):露出オーバーだす。撮れますけど、オーバーだす。

と言うのだが、最大限措置に対し、どの程度オーバーなのか判別できない。

小道具として「NDフィルター:レンズへの受光量を落とす」と言う者も世間にはあるが、私は持っていない。
なので「解放絞りでバックにボケを持たせる」なんていうことが出来ず、

艦:今日は、持てる戦力のみでやってみるから、そのつもりで。

と、SPに言い聞かせシャッターを切った。

ちょうど時刻となり列車は発車。
車上の人となった。


って、まさかの秘技?(久しぶりに!)


艦:一回、切ります。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する