ミランダ・カーと5分だけデート。 航星日誌 地球暦 20170511

2017.05.11.Thu.11:00
タイトルのとおり、

カテゴリーはもちろん「観た夢」ね。

ホワワワワワ~ン

アメリカ、パラマウント社は、
既にクリス・パインでのスタートレック新シリーズを 3作も映画化しているにも拘わらず、TNGシリーズ(TNG:THE NEXT GENERATIONSの略。日本でのTVドラマとしての放送タイトル:新スタートレック)での配役による映画を製作し、そのジャパン・プレミアが大阪はキタで開かれ、私はその俳優陣の警護にあたることとなった。

この時現れた俳優陣にはまず、
艦長:ジャン・リュック・ピカード大佐役、パトリック・ステュワート。

180791026.jpg

艦長の右腕、副長
ウィリアム・ライカー中佐役、ジョナサン・フレイクス。

t02200288_0743097412586252279.jpg


第10デッキ、円盤部の最前部に設けられているバーラウンジの主、
ガイナン役のウーピー・ゴールドバーグ。

990be1c8.jpg


TNGメンバーでの映画最終作では敵艦とともに命を落とした(ホンマのハナシ)、アンドロイド、
デイタ少佐役、ブレント・スパイナー。

a0029235_151339.jpg


そして今回の映画作品のスペシャルゲストスター、
ミランダ・カー。

Miranda-Kerr_White-Day_rect490.jpg


ジャパン・プレミア大阪は、梅田芸術劇場(ホテル阪急インターナショナル)で開かれたのだが、何故か俳優陣の昼食は、阪急百貨店うめだ本店の「12階 レストラン街」で、フツーに。( ̄▽ ̄;

map_12f_160801.gif

そこで、俳優たちは  勝手に、自分の好みで、バラバラに
店に入っていったのであるが、

この時私は「ミランダから指名を受けて」一緒に食事をすることとなったのである。


食事のシーンは省かれて、


食べ終わり集合場所に戻る場面で、それは(大阪人にはかなりベタな)「ソネケー前:曾根崎警察署前:地下」と言う、大スターたちをこんな人通りの多いところに並べていいのか!
と言う様な場所だったのだが、途中ややも大衆に気付かれながらミランダを無事に送り届け私の任務は完了した。


と言う、その道中が実際には絶対無理な僅か5分ほどに凝縮された物語。
楽しかった。



ENTERPRISE Out



写真はすべてインターネットより借用したものであることを明記しておくと共に、 こうやって見ると、建て替えの完成した、阪急うめだ本店の建物は被写体として絶対に面白いだろうなぁと妙に納得してしまったのであった。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する