航星日誌 艦長私的記録 地球暦 20170515

2017.05.15.Mon.12:00
主観的には非常に悔しくまた腹立たしいが、
客観的にはそれが妥当とも思える対応。

去る5月10日、体調不良により勤務を休んだ。
同時に主治医受診。
診断結果として「5月31日まで休業、加療治療を要する」と言う診断書が出てしまった。

自分のポンコツ加減に非常に悔しいが、対して疲れが本当に取れないので毎日終業後、GR7に戻ってきた時点でもう飯も風呂も抜きで眠りたい。と言う毎日が続いていた。(最近の三原飯も酷いものだった)
時には、本当にそのままベッドへ。
気付けば電気を着けたまま翌朝、と言う事も何度かあった。

この機会にしっかり体を休めようと思うのだが、それはGR7係留のままか、司令部に戻った方が佳いのか。

今日午後診で再度相談してこようと考えている(今朝も定刻起床、起動はできたものの、その後9時半ごろから疲れで小一時間寝てしまった)。

司令部に戻った方が明らかに生活面では楽なのだが、復帰後またこの二重生活(サラリーマンと主夫業)が上手くこなせるか不安が残る。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます。
Ritaさん、
お気遣いを下さいましてありがとうございます。

上司の上司は理解を示してくれて、しっかり直すように言葉を貰いましたが、直属の上司は朝からメール攻撃。
事態を理解していないようです。
相手にしないことにしています(笑)

ENTERPRISE Out
No title
こんにちは。
お疲れのご様子ですね。
お医者様の診断通り、ゆっくりお体を休めて下さいね。
ご無理をなさいませんように。お大事になさって下さいませ。

管理者にだけ表示を許可する