昨日の撮れ高。 航星日誌 地球暦 20170730

2017.07.30.Sun.11:00
昨日、
曇り~一時雨の予報だったので、例の神戸電鉄「おもてなしきっぷ」を振り回すのは止めにし、同じ須磨区内。
須磨浦公園へと出掛けてみた。

ターゲットは「ローカル鉄道」を広義に捉え過ぎて、ロープウェイとしたのだよ。

かなり外れているな。

E7290068.jpg

ロープウェイは確かに鉄道なのだけれども「ローカル線」ではないだろうな。
(生活を支えるものではないだろう、と)

車窓から。

E7290079.jpg

須磨海岸。

思いのほか人出が少ないな。


山上駅までロープウェイで上り(標高260m程らしい)、麓までは歩いて下りることにしていた。

途中、その道すがらからロープウェイを見上げる格好で撮りたかったから。


で、

早くもその下りの道中、

P7290034_20170729220755dd7.jpg

僅かな標高差ながら驚いたのが、カナカナゼミの大合唱。

もう回り360度からの大合唱に圧倒されながらそのうち、1匹が鳴き止んでくれ私に撮影の許可をくれた。

これは、
TGの仕事。

普段目にする、エゾゼミやアブラゼミと違って、緑色の色彩が美しいと思った。

で、更に下りて行き、

目当ての「ロープウェイを見上げて撮る」事も出来たのだが、そのポイントが、


艦:見たことないぞ! 栗の花が満開!


と言う状況で、
そこには蜜を求める、主に色々なアゲハ蝶が乱舞!


E7290202 (2)

その栗に気付いたとき、
ロープウェイを撮るために12-40 mmを装着していたので、まず15分ヘッドで運行されていた「列車」を撮り、
蝶を撮るために主砲(40-150mm)に換装。
それでも少し遠かったので帰還後トリミング。

E7290279 (2)



自画自賛、というより、
やっぱりこのレンズはスゴイな。
と言うのが正直な感想。(先日の海野先生の本を読んでおいたことも佳かった)

先のTGによるカナカナゼミと同様に、機材のありがたさを再認識した。

次回は、昆虫目当てで腰を据えて撮りに再訪したい。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する