FC2ブログ

少しマニアックな阪急電鉄「秋の臨時列車」。 航星日誌 地球暦 20171117

2017.11.17.Fri.11:00
もう近年では例年のこととなったが、阪急電鉄では、秋のもみじ狩りに便利な、京都は嵐山に向けて全路線からの「直通」臨時列車を運行している。



今年も、最初のランナーとして来週月曜日の 高速神戸発嵐山行き「直通特急」を皮切りに、基本的には、土日祝日を中心に、神戸線、宝塚線、大阪市営地下鉄堺筋線、そして京都線河原町からと言う全線から嵐山に向けて直通特急と言う仕立ての列車が運行される。

因みに、
神戸線 平日ダイヤ。





神戸線 休日ダイヤ。






宝塚線 休日ダイヤ。





堺筋線 休日ダイヤ。




この中で、何がマニアックかと言うと、
高速神戸及び宝塚からの列車は、普段一般運用では使わない、「十三での渡り線」に入線。

十三を梅田方に出発後、神戸線、宝塚線の間にある引き込み線に入線し、方向を反転。
再び本線への復帰には宝塚線を跨ぎ、京都線への渡り線を使って京都線に進入すると言う、ファンならずともとても興味深い体験が出来る列車なのだ。

更に、宝塚からの列車は、宝塚本線からではなく今津線経由で西宮北口でこれも本線上では同社で最も急なカーブを経て神戸本線に進入する。
もっともこの経路は、朝の準急で使われている(いた?)経路なので前者に比べるとレア度はやや落ちる。

十三-梅田(中津)間のこの渡り線は、普段同社の保有車両の全てが京都線は正雀(しょうじやく)に構える工場への車両検査の際に使われているので、列車が入ることそのものは珍しい事ではないが、乗客を乗せた実車での入線はこのような機会にしか「楽しめない(笑)」

なお、荒天時には運休することもあるらしいので、詳細・正確な情報は、同社HPをご確認頂きたい。

http://www.hankyu.co.jp/sp/topics/details/635.html




ENTERPRISE Out

今日はスマホからのアップ。
上手く上がりますように。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する