FC2ブログ

呆れた優勝インタビュー(平成29年大相撲九州場所14日目) 航星日誌 地球暦 20171127

2017.11.27.Mon.11:00
平成29年大相撲九州場所は、ご存じのとおり14日目。
20171125(土)、二敗力士(東前頭十二枚目 隠岐の海・西前頭三枚目 北勝富士)が共に敗れた。
この後、一敗の西横綱 白鵬が東前頭九枚目の遠藤の挑戦を退け、40回目の優勝を決めた。


母港RPでその様子をTV観戦していたのだが、どの客もやはり興味があるようで、
客A:今日は遠藤が勝つやろ。
客B:今日勝たなんだら遠藤アカンで。
等々、やはり横綱の優勝を求めない視聴者は多い様で、それまで仕切りの間はTV中継を食い入るように見入っていたのだが、


横綱が勝った途端=優勝が決まった途端、潮が引くが如く。


PB250033.jpg


RPではこの中継インタビューに変わったとたん、店内での相撲に関する話題は、どこからも聞こえなくなった。



今場所はこれまで
敢えてここでの記録をしていないが、私は協会に対して本当に強い憤りを持っている。

場所前、
4横綱2横関での番付だったものが、千秋楽直前には1横綱1横関。
モンゴル人横綱の「休場理由」が不透明なだけにいぶかしく思うのだよ。
日本人横綱も、完全な復調と言う横綱の責務を全うして欲しい。
(大関 高安は十二日目に怪我、途中休場:8勝5敗2休 とりあえずカド番脱出)

また、報道されている通りの暴行事件は当事者が認めている事実と言う事実があり、刑事事件への発展は免れないのではないか?
更に、11日目の白鵬-嘉風戦での軍配に対し、黒星を喫した横綱が、
取組後土俵下で抗議を起こすという前代未聞の醜態。


それを以て「優勝でございます」とインタビューを受けても(昨日、2敗力士が負け、白鵬の勝ちにより優勝決定)、誰も納得する人はいないだろう。


まだ相撲協会は膿を出し切っていないのか?(暴行事件や八百長事件の発覚)
また、急激なコンプライアンスの策定と遵守の徹底に対する組織的ストレスの発生によるものか?


来年、久しぶりに本場所を観に行きたいと思っているので、その頃にはどうか健全化しておいて欲しい。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する