FC2ブログ

インスタグラムや写真撮影そのものについて思うこと。 航星日誌 地球暦 20171223

2017.12.23.Sat.11:00
去る5月から、インスタグラムへの投稿を、細々ながら始めたのだが、
ここに来てもうやめようかと考えている。

それは、

艦:インスタグラムが本来持つ目的から、その運用が大きく乖離し始めている。

と、感じるから。

純粋に、自分が撮影した写真を公開することが目的の筈なのだが、最近勝手にフォローして下さる方々が、

艦:きわめて金の匂いをプンプンさせながら(商業目的、自分の運営するネットショップの宣伝)の方が多過ぎる。

と言う事にある。

PC220013.jpg

昨日、その記事が気になって買ってきたアサヒカメラ。

ア:写真とは何ぞや? 撮る意味は? インスタの使い方は?

と言う内容があったのだよ。

投稿者の傾向やその内容に対する批判は別として、最近本当に「○○さんがあなたをフォローしました」と言うお知らせが届くのだが、その多くは上述の「宣伝行為」が多くを占め、なかでもどうやらロシア語圏の方が多いようだ。

見たくないのでブロックをすることにしているのだがまるでいたちごっこ。

他に、所謂「インスタ映え」に関するような投稿が多い方からの勝手にフォローも多い。

PC220015.jpg

撮影のためだけに料理をオーダーする等は社会問題にもなっているが、そのほかにも「絶景写真」を撮りたいが故に自分勝手な、社会規範に反するような行為を以て撮影する人たちも多いようだ。

自分がそんなことはせずに、自分のスタイルで撮り続ければいいのだが、
以前にも記録したことがあるかも知れないが、ある駅構内で、もちろん他の乗客の通行を妨げず、かつ安全を確保したうえで撮影をしていた時に後方から「おねーさま方」からの声が聞こえた。

お:あれ(私のことだ)、撮り鉄って言うんでしょう? いやらしい。

鉄道写真を撮っていて「いやらしい」とは全く意味が解らないのだがつまり、
社会規範に反するような鉄道写真撮りの連中が社会的に問題視されているので、同じようにレンズを向けていると世間からは「同類項=変な連中」に分類されてしまう。

私もその「変なヤツ」に撮影の中断を余儀なくされたことがあって、

E1104153.jpg

地球暦 20150110撮影@阪急西宮北口駅

デビュー間もない1000系電車が入線。
これを撮ろうとしていたところ、この人物から周囲にいた乗客らは一斉に「お人払い」をされてしまった。
大変な剣幕だったので、だれも相手にせず「その場を譲った」と言う事実。

艦:これからどんな写真を撮っていこうか。

と、考えた時に、
どうしてもこんな色々な障害が気になってしまう今日この頃。
でも、撮り続けるがね。




ENTERPRISE Out

※今日は呑み仲間艦隊での忘年会! よおぉっし! 浴びるほど呑んでやる!

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する