FC2ブログ

いや、顔はありません。 航星日誌 地球暦 20180528

2018.05.28.Mon.11:00
先の「2台持ちしたい」と言う欲求を満たすため、

まるで用途が違うのだが、単体では面白かろうと、

前旗艦:E-P1に1240PROレンズを装着して出掛けてみた。

これがなかなか面白い組み合わせ。

P5260269.jpg

突撃艦:TG-3とは比べ物にならないほどの「カメラ感」。

旗艦:E-M1とは比べ物にならない使い難さ。
これは旗艦の地位を譲った大きな原因の一つで、背面ディスプレイだけではどうにも「写せない=老眼には見えない」と言う身体的原因によるもの。
カメラに責任は無い。

さてこの日は、

艦:さて神戸まつりでの失敗を検証するために同じ機能を起動させてみよう!

と言う訳で、


「顔認識機能、ON!」


M5252938.jpg

で、撮るビアジョッキ。

これはこれで少し工夫(演出)をして撮ったのだがさておき。

当然、この状態で「顔認識」が起動するはずも無く(本来、撮影範囲内に「顔」を認識すると自動認識してそこにピントを合わせようとするわな)、まぁ、正解だったのだが、


アテを撮ろうとしたところ、急にこの「顔認識」が起動し、割と小さな正方形(顔を認識したところが正方形で囲まれる)があちこちに複数現れ、しかもそれがどうやら「困っている」。

困っているというのは、

P:顔の筈やけど、顔がない。ピントを合わせるべきか? あ、いや、こっちにも顔が!

と言う具合で、


M5252939.jpg

E-P1+M.ZUIKO 12-40mm 1:2.8 PRO ISO800 f/3.2 SS 1/125 +.03EV

最終的に、糸こんにゃくを「顔の最終判断」とされてしまった。
途中、マカロニやマグロにも食指が動いたようだったが。( ̄▽ ̄;


また今度、旗艦:E-M1ででも同じ実験をしてみよう。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する