FC2ブログ

目標の構造物と現場。 航星日誌 地球暦 20181030

2018.10.30.Tue.11:00
目標の構造物と現場は、以前にも取り上げたことがある、阪急京都線・千里線の交差駅である淡路。

EA270048.jpg


とにかく、

AWAJI_201810291630104e9.jpg

この「阪急京都線」と「阪急千里線」を立体交差化させるという大事業。


そもそも、構内の配線が複雑なので、
しかも、地図中央・上から右に抜ける城東貨物線(まもなく「おおさか東線として旅客運用を始める)やら新幹線。
鉄道だけでも密集しているのでその工事は、

艦:これまで見たことが無い過酷な工事。

ネットから借用の、淡路駅配線図。

AWAJI 2

右が京都・河原町、右上が北千里。
左へは大阪梅田、左下が天神倍筋六丁目を経て大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)堺筋線。

もぉ、鉄道模型並みのごったごたの配線。

これを「高架にしてやろうか」と言う心意気と実行力が凄い。

と言うのも、

EA270177.jpg


住民の生活は、踏切の中にある。



EA270167.jpg

左、淡路駅。
右手前、京都本線梅田方。
右奥、堺筋線天六方。

土曜日日中ダイヤと言うのに、踏切が空いている時間が本当に少ない。


EA270110.jpg

踏切の間には「中州」があり、少しずつしか進めないことも普通にある。


EA270084_20181028100653f47.jpg

撮影ポイントとしては面白いのだが、地元で生活をしている人々は本当に大変だろう。

その工事規模、構造物の規模は、車輌の大きさと比較すると、本当に良く判る。

神戸三宮東館の建て替え記録も大切なのだが、機会があれば大阪は淡路にも出向きたい。




ENTERPRISE Out



スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する