FC2ブログ

私の尊敬する「艦長」。 航星日誌 地球暦 20181110

2018.11.10.Sat.11:00
さぁて、カテゴリーは迷わず、


艦:本。 キッパリ(使用許諾済)


PA280147.jpg

これまで物知らずだったので、過去に例があるかどうか知らないのだけれども、私が熱を入れ過ぎてこよない、

STARTREK。

特に1987年、アメリカでドラマ放送が始まった「STARTREK The Next Generations:略してTNG」は、私が色々と

艦:「STARTREK」って、知ってる?

と、人に聞いてみると必ず返事が来る、

人:STARTREK? あぁ、あの「耳の尖った人」が出てくるヤツね。

※それはバルカン人のミスタースポックだ!

とは別物の、それから約80年弱後の世界を舞台としている物語だ。

その劇中、主たる舞台となる(私のHNの由来でもある)宇宙船:ENTERPRISEの艦長を務める、Jean-Luc Picard:ジャン=リュック・ピカード(仏人設定:演じるは、Sir Patrick Hewes Stewart:パトリック・スチュワート:英国人、「Sir」の称号を得ているぞ!)が「著者」として、産まれてから幼少期の想い出、青少年時代、宇宙艦隊アカデミー入学を目指し入学。
研鑽し、ENTERPRISEの艦長に就任するまでの物語を、俳優ではなく「艦長本人」として著した本が発売された。

220px-Jean-Luc_Picard.jpg

Jean-Luc Picard 艦長:Wikipedia殿より引用。感謝します。
因みに、私より342歳年下。


なので、
自叙伝、なのだよ。

彼が、
フランスのワイン農家の次男として産まれてから、宇宙に出るまで、そこで出会った試練。

そして、艦隊の旗艦であるENTERPRISEの艦長(旗艦の艦長は、交戦時、艦隊将校不在時の艦隊の実質的なトップだ!)に就任するまでや、その後の宇宙での苦悩を「自叙伝」として綴った著作。

落ち着いて読まねば。

尊敬する人の自叙伝だからな。




ENTERPRISE Out

※この「ENTERPRISE Out」と言う表現は、
  惑星連邦宇宙艦隊(STARTREKの世界でね)では「ENTERPRISEの通信は以上だ」を意味する。

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する