FC2ブログ

試してみたい「E-M1X :121点 オールクロス像面位相差AF」。 航星日誌 地球暦 20190201

2019.02.01.Fri.11:00
去る20190125(JST)記録の、「ホンマに発表したな。凄いぞOM-D E-M1X」>>> 第4783話へのリンク で記録した、追従合焦性能の高さ(121点 オールクロス像面位相差AF)の実力を本当に試してみたい。

と、絶妙のタイミングで実感した一昨日。

デリカの車検入庫のため、西日本三菱自販:新大阪店へ。

そこでのいつもの楽しみは「帰りに京橋に寄る、いや、能動的に行く」事なのだが、昨日は少しそれを見送り、
三国駅で阪急宝塚線の撮影を安全第一で実行してきた。

同駅は普通列車(各駅停車)しか停まらないので、日中ダイヤでの唯一の優等列車:急行の通過を撮れる。
なので、AFモードを「C-AF(TR):追尾AF」に、AFロックを「弱」に設定して臨んだ。

E1300027.jpg

通過する7000系急行。
神戸線と違い、6000系や更に古い5100系も含め「ほぼ未改造:原形をとどめていること」は喜ばしい。
外観だけでも、
1)ヘッドライト・列車種別標識灯・尾灯が「電球」のまま。(LEDに換装されていない)
2)クーラーキセ:屋根上の冷房装置カバーが原形。
3)行き先・列車種別の表示が「幕」のまま。(LEDに換装されていない)
 等々

さておき、


撮影場所がホームの最も上り方(梅田方)端だったので、通過した列車を振り返り後姿も当然追う。

E1300030.jpg

この辺りで最後尾貫通扉辺りにピントをロックし、後は列車が離れて行っても「追尾AF」が合焦を続けてくれるのだが、
この後もやはり出た。

「ホンマに発表したな。凄いぞOM-D E-M1X」>>> 第4783話へのリンク(再出)に記録した、


艦:時折その合焦がスカッと抜ける!(ピントが一気に狂う)


合焦後連写し10コマ目。

E1300039.jpg

ズームをしながら、圧縮効果を狙いつつ離れる列車を撮ると大抵こうなる。むぅ。

連写しなくても同様にスカッと抜けてしまう(ピントが外れる)ので、これは本当にいつも参っている。

直前の「9コマ目」までは、ビシッとピントが来ていたのでとても残念。


と、ウダウダと言いながら、いくら強がりを言っても、


艦:やっぱり欲しい、E-M1X ( ̄▽ ̄;


と言う結論に至ったのだが、

本件(新造艦:E-M1X 増備)は上官に口が裂けても言えないのである。
(本当に裂けたら言うかも知れない)




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する