FC2ブログ

阪急電鉄 西宮北口駅の思い出。 航星日誌 地球暦 20200928

2020.09.28.Mon.11:00
昨日も撮りに出掛けようかと思ったが出られなかった。

で、
この航星日誌用に既に「公開するつもり」でデジタイズ・モノポジ反転・WBの調整を行い、リサイズも行った写真が沢山準備されていることに気付いた。
これらを早く使わないと、もぉ訳の解らんことになるので少し整理を行った。

まず初めに、
昔の阪急電鉄(当時はまだ、京阪神急行電鉄:略称が阪急と呼ばれていたのではないかと思われる)西宮北口駅。

「ニシキタ」と言えば、直角のダイヤモンドクロス。

N9220001_D.jpg


直角の平面交差。
改修された今では、西宮ガーデンズと、阪急京都線の正雀車庫。
あと市営地下鉄北神線谷上の小さな車庫。
ここらあたりに移設・保存されていたと思う。
それ位貴重で珍しい鉄道技術だったのだな。


同じところで、違う角度から。

N9220002_D.jpg



ニシキタと言えば、今津線(今の今津線(北側))から西宮車庫に入線させることを主目的とする阪急線内屈指の急カーブを思い出す。
今ではずいぶん緩和された。

N9220003_D.jpg

本線の利便性を高めるために、西宮北口駅ではこのダイヤモンドクロスを廃止し、今津線を跨いで東西に分かれていた本線上下線のプラットホームを停車場敷地内中央付近に移設し橋上駅化すると言う大事業だった。
ダイヤモンドクロスの廃止に寄り今津線はいまの「南北」に分けられてしまい、宝塚から今津への直通運転は不可能となった。

撮っておいて佳かった。と思うジャンルの一つ。




ENTERPRISE Out

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する