FC2ブログ

見てはいけませんでした…

2011.03.25.Fri.17:32
今日は終業後、久しぶりに電車で神戸に帰って来ました。

とりあえず主治医にこの4日間の事を報告しなければいけません。

心配して下さっていますからね。
主治医には15時過ぎに到着。
順番は8番目でした。
早くて助かります。

診察券を出した後、一旦荷物を置きに帰りました。

妻はパート、野郎共は部活で誰もいません。
洗濯物を取り込み、ポストを見ると、新聞の他に私宛に備前焼の窯元から春のお祭りの案内状。

そして、幼い字で書かれたウチの名字、下には差出人と思われる人物の名字が書かれた「手紙」。
しかも私たちも子どもの頃によくやった、上手く折ってテープや糊無しに封がしてある。

(-~-;) んん~…


長男の通う高校は徒歩通学とは言うものの、やや遠い。
わざわざ投函するために着たとは思えない。

片や次男の通う中学校は我が家から100m程の場所にあり、家の前も登下校の中学生がよく通る。

なら、これは次男宛である事は、まぁ間違いは無い。

以前、不登校に陥っていた次男に対し「いたずら」「誹謗中傷」等々の不登校に陥っていた原因の一つかも知れない…

親としては心配だ。

開封したい。

しかし、それは手紙の内容が悪い内容では無かった場合、いくら息子であろうがプライバシーの侵害になってしまう。

主治医にも戻らねばならないので時間も限られている。


結局、前者の想いが勝り開封してしまいました。


内容は…

少なくとも前者の様な悪質なものでは無く、次男が手紙をくれた先方に「聞いてみた事への答」でした。


詳しくは書きませんが、親の知らんところで「まぁまぁ、ちゃんとする事してるな(苦笑)」
というものでした。

やれやれ、
でも、これで一つ精神的に強くなって欲しいもの。

誰でも必ず通る「関所」ですから(笑)


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する