FC2ブログ

The ENTERPRISE 建造 009

2011.08.23.Tue.15:00
出来るところまでの建造工程。
その2

前回は誌面写真で紹介したものを、今回は実際の部品写真を撮影しながら進めてみた。

部品への印刷は精緻であるが、わたしはマクロレンズを持っていないので、出来る範囲での接近撮影。

                 まず、第1デッキのみを単体で撮影。
                 写真手前が「艦首」側
                 P8210020.jpg

             写真は例によりクリックすると大きなものが現れる。

                 続いて、第2デッキ外周部。
                 P8210021.jpg


                 同じく第2デッキ中央部。
        なぜ、第2デッキを一体モノで作らなかったのかと考えてみたが
        第1デッキと第2デッキ中央部は同じ形と大きさ。
        つまり、第2デッキを2つのパーツで構成する事により、第1デッキも
        この同じ凹みに納める事により「固定」としたのだろう。
                 P8210022.jpg


                 第2デッキだけを合わせてみた。
                 当たり前だが、全く立体感を感じない。
                 P8210023.jpg


                 第3デッキ外周部。
                 これだけで、幅は約20センチある。
                 P8210027.jpg
                 ここから写真の上下が反転。
                 手前が艦尾側。
          全ての部品が揃えば、恐らくこの大きな切り欠き部分は
          ドーサルネック部分に関係するのではないかと推測する。


             その第3デッキの左舷側をアップで撮ってみた。
             各部屋のデティールもキチンと再現されている。
            中央部側に出た突起には、第2デッキを支えるエレベータ
            シャフトを取り付けてある。
                 P8210028.jpg


             ポツンと出てきた第4デッキ中央部。
             この上に、第3デッキ中央部が他のパーツとは
             全く接合無しに置かれる事になっている
             (第7号発売時点)
                 P8210030.jpg

             で、その第3デッキ中央部。
             第4デッキ中央部に乗せるだけ。
                 P8210029.jpg


             第3デッキ外周部を、第4デッキ中央部を概ねの場所を
             合わせて並べてみた。
             中央部と外周部の接続部分は全く無い。
                 P8210031.jpg


             次にこの第3中央部を第4デッキ中央部に乗せてみた。
                 P8210032.jpg


             立体感を感じるために、少し斜めから撮ってみた。
                 P8210033.jpg


             この第3デッキ外周部に着いているエレベータシャフトを
             接合部として、第1・第2デッキを乗せてみた。
             第3・第4デッキの中央部が接合されていないので、非常に
             心もとない。
                 P8210034.jpg


今日の記録はここまで。
ここまでで、部品の約1/3を組み上げた事になるが、固定されていないので持ち上げることが出来ない。
この後、第4デッキ外周部と、左舷ナセルの一部。
そしてここまでの各デッキを接合するためのフレームが残っている。

また、暫くしてからアップする事とする。


                 Enterprise out

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する